みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【給料や資格】重機オペレーターの仕事内容は?

資格・免許
作業員とクレーン

 建設現場で活躍している重機オペレーター。

 この重機オペレーターとは、どのような仕事内容なのでしょうか?

 また、重機オペレーターの給料や資格は、どうなっているのでしょうか?

 そこで今回は、重機オペレーターの仕事内容や給料などについてまとめてみました。

仕事内容は?

 さて、重機オペレーターとは、クレーンやバックホウなどの重機を操縦する職業です。

  • 重機オペレーターとは
  • 重機の運転や操作を行う職業

 重機オペレーターの仕事内容は、上記の重機を使った工事現場や建設現場で運搬作業などを行なう事です。

 この重機オペレーターが作業する現場は、マンションや商業施設などの建設現場、ガスや水道、電気などを地下に埋設する工事現場があります。

  • マンションや商業施設などの建設現場
  • ガスや水道、電気などを埋設する工事現場

 また、重機で運搬や積み込みするものは、砂利や岩盤、コンクリートや資材などが挙げられます。

  • 砂利や岩盤
  • コンクリートや資材

 さらに、重機オペレーターが運転や操作する主な重機は、以下が挙げられます。

  • クレーン
  • 高所作業車
  • ホイールローダー

 クレーンは建設現場で多く使用されている重機で、コンクリートや資材の運搬、吊上げなどを行います。

 また、高所作業車は高い場所にある電線などの整備や交換を行うために使用されます。

 さらに、ホイールローダーは砂利や土砂などの積み込み作業で使用されています。

 ちなみに、重機オペレーターが運転や操作する重機は、上記以外にもあります。

 ここまでは重機オペレーターの仕事内容について説明してきましたが、次の項目では給料や資格について詳しく触れていきます。

給料や資格は?

 では、重機オペレーターの給料は、いくらぐらいなのでしょうか?

給料は?

 重機オペレーターの給料の相場は、月収25万円から30万円程度です。

 また、年収の場合は300万円から360万円程度となります。

  • 月収 25万円~30万円
  • 年収 300万円~360万円

 さらに、通勤手当や役職手当が支給される場合があります。

 これは、会社によって異なりますが、通勤手当は1万円程度で役職手当が2万円から5万円程度です。

  • 通勤手当 1万円
  • 役職手当 2万円~5万円

資格は?

 さて、重機オペレーターが所有している資格とは、何があるのでしょうか?

  • 移動式クレーン運転士
  • 高所作業車運転者
  • 車両系建設機械運転者

 重機オペレーターが所有する資格の一つに、移動式クレーン運転士が挙げられます。

 これは、クレーンを運転するために必要な資格で、学科と実技の試験に合格することで取得することができます。

 また、高所作業車運転者は、高所作業車を運転するために必要な資格で、学科と実技の試験に合格すると交付されます。

 さらに、車両系建設機械運転者も挙げられ、ホイールローダーやブルドーザーなどを運転するために必要な資格となっています。

 これは、学科と実技の講習を受講したあとに、試験に合格することで取得できます。

 また、扱う重機は会社によって異なるので、これに伴って必要な資格も変わってきます。

 さらに、重機オペレータに必要な資格は、入社後に取得することができる会社もあり、初心者でも求人に応募することができます。

 上記の仕事内容や給料などについて覚えておけば、重機オペレーターに転職する際に役立つのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP