みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【原因や対策】移動式クレーンの事故事例の内容は?

豆知識
横転しているクレーン

 移動式クレーンの運転や作業をしている際は、事故が起こることが考えられますよね。

 この移動式クレーンは、実は事故が頻繁に起こっていますが、どんな事故事例があるのでしょうか?

 また、移動式クレーンの事故の原因や対策は、どのようなことが挙げられるでしょうか?

 そこで今回は、移動式クレーンの事故事例の原因や対策についてまとめてみました。

内容や原因は?

 さて、移動式クレーンの事故の内容や原因は、何が挙げられるでしょうか?

 移動式クレーンは、工事現場で使用されている建設機械ですが、運転や作業をしている際に事故などが頻繁に起こっています。

  • 移動式クレーンは工事現場などで使用される
  • 運転や作業中の事故が多い

事故事例

 この移動式クレーンの事故事例は、どのようなことが挙げられるでしょうか?

  • アウトリガーが沈下してクレーンが転倒
  • 強風により吊り荷があおられて作業員に落下
  • クレーンが逸走して隣接した車両に接触

 移動式クレーンの事故事例は、アウトリガーが沈下してクレーンが転倒したことが挙げられます。

 これは、クレーンが横転したことによって運転席が変形し、作業員が挟まれて負傷するという事故が起きています。

 また、別の事故事例としては、強風により吊り荷があおられて作業員に落下したことが挙げられます。

 これは、強風でクレーンの吊り荷があおられて近くにいた作業員に落ちて下敷きになったことで、転倒する事故が起こっています。

 さらに、他の事故事例では、クレーンが逸走して隣接した車両に接触したことが挙げられます。

 この場合は、クレーンから作業員が降りた際に逸走してしまい、隣接した車両に接触する事故となってしまいました。

原因は?

 移動式クレーンの事故の原因は、何が挙げられるでしょうか?

  • 地面が崩壊しやすい場所にアウトリガーを設置
  • 風が強い日に作業を行った
  • パーキングブレーキや歯止めを忘れた

 移動式クレーンの事故の原因は、地面が崩壊しやすい場所にアウトリガーを設置してしまったことが関係しています。

 また、別の事故の原因としては、強風が強い日に作業を行ったことが挙げられます。

 さらに、他の事故の原因には、パーキングブレーキの掛け忘れと歯止めをしていなかったことで逸走が起こっています。

 ここまでは移動式クレーンの事故事例や原因について説明してきましたが、次の項目では対策についてふれていきます。

対策は?

 では、移動式クレーンの事故を防ぐ対策は、何が挙げられるでしょうか?

  • 崩壊の恐れがない地盤に設置
  • 強風の日は作業を中止
  • パーキングブレーキや歯止めを忘れない

 この対策としては、崩壊の恐れがない地盤にクレーンを設置することがあります。

 このため、クレーンを設置する際は、地盤の状況を確認することが必要です。

 また、掘削や埋め戻しにより地盤の状況が変化するので、以前にクレーンを設置して安全に作業ができた場所でも、沈下する恐れがないかを再び確認しましょう。

 さらに、別の対策としては、強風の日は作業を中止することが挙げられます。

 これは、強風の中で作業を行った際に事故などが起きることが考えられるためです。

 このため、作業を行う際は、安全面の配慮を考慮して判断することが重要です。

 また、他の対策には、パーキングブレーキや歯止めの確認を忘れないことが挙げられます。

 これは、クレーンを停車する際に必ず行わなければいけない手順で、傾斜地などで安定して停車させるために必要です。

 上記の原因や対策について覚えておくことで、クレーンの事故を未然に防ぐことができるのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP