みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【必要項目や保存期間】トラックの日報の書き方は?

豆知識
運行管理者と従業員

 トラックの運行業務を行う場合は、運行管理者が業務内容を記録するために日報を管理します。

 この日報は、どのように書くのでしょうか?

 また、日報を記入する上で必要な項目や保存期間は、どうなっているのでしょうか?

 そこで今回は、トラックの日報の書き方や必要項目などについてまとめてみました。

日報の書き方は?

 さて、トラックの日報とは、運行の内容を記録するための目的があり、運行管理者が保存しておく必要があります。

  • 運行の内容を記録
  • 管理者が保存

 これは、運輸局などが監査を行った際に確認できるように管理しておきます。

 また、安全な運行が行われているかを判断するための重要な書類なので、紛失などが無いように保管しておきましょう。

 さらに、日報の記録を怠った場合や管理がされていなかった場合は、厳重注意などを受ける可能性があります。

  • 管理を怠った場合
  • 厳重注意を受ける可能性

 また、日報の記入はトラックの運行を行う従業員が付けるため、一日の業務内容を覚えておかなければなりません。

  • 日報の記入は従業員が行う
  • 乗務時間を覚えておく

 この日報の書き方は、運行記録として残すものなので乗務する運転者の氏名とトラックの登録番号を記入します。

 さらに、運行業務の内容と乗務時間、積載状況なども明確に記載する必要があります。

  • 運転者氏名やトラックの登録番号
  • 運行業務や乗務時間、積載状況

 ここまでは日報の書き方について説明してきましたが、次の項目では必要項目や保存期間について触れていきます。

必要項目や保存期間は?

 では、トラックの日報の必要項目は、どうなっているのでしょうか?

必要項目は?

 このトラックの日報の必要項目は、以下が挙げられます。

  • 運転者氏名
  • トラックの登録番号
  • 乗務の開始時間と終了時間
  • 積載状況
  • 休憩時間

 トラックの日報の必要項目の一つに運転者氏名があり、乗務する従業員の姓名を記載します。

 また、トラックの登録番号も挙げられ、車両を判別するために必要となっています。

 さらに、別の必要項目では乗務の開始時間と終了時間があり、運輸局などが監査する際に労働基準を守っているかの判断になります。

 また、積載状況を記入することも挙げられ、積荷している品名や積載量の内容を記載します。

 さらに、休憩時間も記載する必要があり、乗務の合間に取った休息時間を日報に付けます。

保存期間は?

 さて、日報の保存期間はどれくらいなのでしょうか?

 この日報の保存期間は、法律で定められていませんが運輸局が1年間と指導しています。

  • 法律で定められていない
  • 1年間と指導されている

 ちなみに、日報以外にも保存しておかなければいけない書類があり、労働者名簿が3年間、健康診断の記録が5年間の保存期間が必要となっています。

  • 労働者名簿 3年間
  • 健康診断の記録 5年間

 上記の書き方や必要項目などについて覚えておけば、トラックの日報を書く際に役立つのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP