みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【保存場所や保存期間】ドライブレコーダーの映像は編集できるの?

豆知識
車内に設置されたドライブレコーダー

 ドライブレコーダーとは、車の運転をしている際に事故に遭った場合の映像を記録するための装置です。

 このドライブレコーダーで記録した映像は、どう編集すればよいのでしょうか?

 また、ドライブレコーダーの保存期間や保存場所は、どうなっているのでしょうか?

 そこで今回は、ドライブレコーダーの映像の編集や保存期間などについてまとめてみました。

映像を編集する方法は?

 さて、ドライブレコーダーとは、車に設置される装置であり、事故に遭った際などの映像の記録を行います。

 このドライブレコーダーは、衝突前後の状況を確認するために搭載されていて、事故原因の大事な証拠となります。

 また、ドライブレコーダーは、二つの種類に分けることができます。

  • 常時録画タイプ
  • イベント記録タイプ

 常時録画タイプは、車の状態に関係なく、連続して映像を記録する機能を持ったドライブレコーダーです。

 これは、車のエンジンを掛けることで自動的に録画を開始するタイプとなっています。

 また、イベント記録タイプは、車に衝撃が加わった時に、自動的に映像を記録するドライブレコーダーです。

 この場合は、他車との事故や急ブレーキを踏んだ際に衝撃を感知し、自動的に録画を開始します。

  • 常時録画タイプは常時記録
  • イベント記録タイプは衝撃時に記録

編集方法は?

 では、ドライブレコーダーの映像を編集する場合は、どのような方法が挙げられるでしょうか?

 この映像の編集を行う際は、編集ソフトを使用して行います。

  • ドライブレコーダーの映像編集
  • 編集ソフトを使用

 編集ソフトは、映像の修正や加工などを施すためのソフトで、パソコンにダウンロードすることで使用することができます。

  • 映像の結合や長さの調整
  • 再生速度の変更
  • モザイクの挿入

 この編集方法は、二つ以上の映像を結合することが可能となり、長さの調整などを行えます。

 また、再生速度の変更は、倍速や3倍速など自由に速さの変更が可能となっています。

 さらに、別の方法としては、個人情報のある映像などにモザイクを挿入して、ぼかすことができます。

 ここまではドライブレコーダーの映像編集について説明してきましたが、次の項目では保存期間や保存場所についてふれていきます。

保存場所や保存期間は?

 さらに、ドライブレコーダーの映像の保存場所や保存期間は、どうなっているのでしょうか?

保存場所

 ドライブレコーダーの映像の保存場所としては、電子機器のSDカードやパソコンが挙げられます。

  • SDカード
  • パソコン

 このSDカードに保存する場合は、ドライブレコーダーに直接接続して映像を移します。

 また、映像の画質設定や保管容量は、SDカードの種類で異なります。

 さらに、パソコンに保存する場合は、端子の合うUSBケーブルなどが必要となります。

 このUSBケーブルは、ドライブレコーダーの接続先と合うタイプのものです。

保存期間

 では、ドライブレコーダーの映像の保存期間は、どれくらいなのでしょうか?

 この保存期間は、保存する電子機器のデータ容量で変わります。

 これは、データ容量が限界になることで新しいデータが保存され、古いデータが削除されるためです。

 このため、電子機器の容量の確認を日頃から行っておかなければ、事故などに遭った際に記録ができない可能性があります。

 上記のような、映像の編集方法や保存期間を覚えておけば、ドライブレコーダーを使用する際に役立つのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP