みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【使い方や価格】ジャッキの種類は何があるの?

豆知識
車を持ち上げているジャッキ

 車のタイヤを交換する場合は、車体を持ち上げるために使用するジャッキが必要です。

 このジャッキには、種類があるのをご存じでしょうか?

 また、ジャッキの使い方や価格が、どうなっているのかも気になりますよね?

 そこで今回は、ジャッキの種類や使い方などについてまとめてみました。

ジャッキの種類は?

 さて、ジャッキとは、どのような装置なのでしょうか?

 このジャッキとは、重いものを垂直上方に持ち上げる機械のことを指していて、機械装置や歯車、油圧などの力を利用しています。

  • ジャッキとは
  • 重いものを垂直上方に持ち上げる装置

 また、ジャッキは一時的に重量物を持ち上げる装置のため、一定の場所に設置されているわけではありません。

 さらに、ジャッキの用途は、主に車のタイヤを交換する際や、エンジンオイルの交換時に使用されます。

  • ジャッキの用途
  • 車のタイヤやエンジンオイルの交換

 また、ジャッキは工場や建築現場などでも使用されることが多くなっています。

 では、ジャッキの種類は、何が挙げられるでしょうか?

  • パンダグラフジャッキ
  • フロアジャッキ
  • カードリー

 ジャッキの種類には、車のタイヤ交換に使用されるタイプのパンダグラフジャッキが挙げられます。

 また、別のタイプとしては、自動車整備工場などに備えられているフロアジャッキがあります。

 さらに、他のタイプには、車が動かなくなった時に使用するカードリーが挙げられます。

 ここまではジャッキの種類について説明してきましたが、次の項目では使い方や価格について詳しくふれていきます。

使い方や価格は?

 さらに、車で使うジャッキは、どのような使用方法があるのでしょうか?

  • パンダグラフジャッキはレバーを回す
  • フロアジャッキはレバーを数回引く
  • カードリーはフットペダルで調整

 パンダグラフジャッキの使い方は、持ち上げたい車体部分の下に置き、取り付けられているレバーを回すことで徐々に上がっていきます。

 また、自分でタイヤ交換を行うために、車に備え付けられている場合が多くなっています。

 フロアジャッキの使い方としては、車の持ち上げたい部分にローラーの付いた本体を押して設置します。

 設置が完了した場合は、レバーを数回引いて持ち上げる高さを調節していきます。

 このフロアジャッキは、自動車整備工場などで修理を行う際に多く使用されていて、重量が50kgあるタイプもあります。

 さらに、カードリーの使い方は、動かなくなった車のタイヤを交換するために本体ではなく、タイヤに直接取り付けて使用します。

 このカードリーの本体には、フットペダルがあり、足で押すことで調整が可能です。

 さて、ジャッキの価格は、いくらぐらいなのでしょうか?

  • パンダグラフジャッキ 1,500円~10,000円
  • フロアジャッキ 10,000円~20,000円
  • カードリー 3,000円~10,000円

 パンダグラフジャッキの価格は、1500円から10000円程度となっています。

 また、フロアジャッキの価格は、自動車整備工場などで使用されるため10000円から20000円と高価なタイプが多いです。

 さらに、カードリーの価格は、3000円から10000円程度となっていて、パンク時などのために車に積んでおく場合があります。

 上記のような、種類や使い方について覚えておけば、ジャッキを使用する際に困ることがなくなるかもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP