みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【時期や費用】パワーゲートの作動油の交換方法は?

豆知識
トラックに備えつけられているパワーゲート

 トラックなどの車両後部に搭載されている装置であるパワーゲート。

 このパワーゲートには作動油を使用しますが、交換の時期や方法を知らない方も多いのではないでしょうか?

 また、パワーゲートの作動油を交換する費用は、いくらぐらいなのでしょうか?

 そこで今回は、パワーゲートの作動油の交換時期や費用などについてまとめてみました。

交換の時期は?

 さて、パワーゲートとは、トラックなどの車両後部に搭載される昇降装置のことを指しています。

 このパワーゲートの用途は、人力では動かせない重い荷物を電動モーターや油圧を利用し荷卸しを行うことです。

  • パワーゲートとは
  • 荷役を省力化する昇降装置
  • 人力では動かせない荷物を持ち上げられる

 また、パワーゲートの種類としては、二つの種類が挙げられます。

  • 垂直式
  • アーム式

 この垂直式は、車体側板に設けられた軌道に沿ってゲートが上下の作動を行います。

 また、荷台床面より高い位置にゲートを昇降できる設計も可能となっています。

 一方、アーム式はゲートの軌跡機動が上下方向に弧を描くように作動します。

 また、上下の動中にゲートの水平を維持する必要があるため、垂直式に比べて構造が複雑になります。

 さらに、パワーゲートを作動するためには、油圧装置の動力伝達に使用される作動油が必要となります。

作動油の交換時期は?

 では、パワーゲートの作動油の交換時期は、どのようになっているのでしょうか?

 この交換時期としては、色が変化した場合が挙げられます。

  • 作動油の交換時期
  • 白濁した場合

 このパワーゲートの作動油は、元々の色が黄色ですが、水分が入り込んで白濁する場合が挙げられます。

 この場合は、腐食している可能性があるため、交換する必要があります。

 ここまではパワーゲートの作動油の効果時期について説明してきましたが、次の項目では交換方法や費用についてふれていきます。

交換方法や費用は?

 さて、パワーゲートの作動油の交換方法は、どのような方法が挙げられるでしょうか?

交換方法

 パワーゲートの作動油の交換方法は、二つが挙げられます。

  • 自分で交換を行う
  • 業者に交換を依頼する

 自分で交換を行う場合は、パワーゲートの付近に取り付けられているタンクを取り外し、中身の作動油を交換します。

 また、交換する際はペンチやドライバーなどの工具を用意する必要があります。

 一方、業者に依頼して交換してもらう場合は、トラックを作業場まで持ち込む必要があります。

 また、業者が交換を全部行ってくれるので、自分で行う手間が省けます。

費用

 また、パワーゲートの作動油を交換する費用は、以下のようになります。

  • 自分で行う場合 1,500円~3,000円
  • 業者に依頼する場合 5,000円~7,000円

パワーゲートの作動油を交換する費用としては、自分で行う場合は1500円から3000円程度となります。

 この費用は、交換する作動油の代金のみです。

 また、業者に交換を依頼する場合は、5000円から7000円程度となります。

 この費用は、作動油の代金と工賃が含まれた料金です。

 上記のような交換時期や費用について覚えておくことで、作動油を交換する際は役立つのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP