みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【原因や対策】トラックの事故事例の内容は?

豆知識
事故で転倒したトラック

 トラックを運転していると、事故が起きる可能性がありますよね。

 このトラックで起きる事故とは、どんな事例があるのでしょうか?

 また、トラックの事故の原因や対策は、何が挙げられるでしょうか?

 そこで今回は、トラックの事故事例や原因と対策についてまとめてみました。

事故事例の内容は?

 さて、トラックの事故事例は、どのような内容なのでしょうか?

 トラックの事故は、以下のような場合に起きています。

  • 出会い頭
  • 追い越し時
  • 左折や右折時

 トラックの事故は、出会い頭で多く発生しています。

 この事故が発生する場所としては、交差点が挙げられます。

 また、事故は追い越し時にも多く起きていて、高速道路などの追い越し車線で発生しています。

 さらに、事故は左折や右折時などでも、頻繁に起こっています。

 また、事故の件数は全日本トラック協会が統計を取っていて、年代ごとに比較したものは以下のようになります。

  • 事故件数 平成25年
  • 全体 18,491件
  • 出会い頭 1,843件
  • 追い越し時 669件
  • 左折時 1,112件
  • 右折時 890件
  • 事故件数 平成26年
  • 全体 17,801件
  • 出会い頭 1,708件
  • 追い越し時 714件
  • 左折時 1,038件
  • 右折時 914件

 事故の件数は、平成25年だと全体が18491件となっていますが、追い越し時は少なくなっています。

 また、平成26年だと全体の件数が減少傾向にありますが、追い越し時の事故は増えています。

 このような事故の件数を比較すると、年代ごとの傾向が分かります。

 ここまではトラックの事故事例の内容について説明してきましたが、次の項目では原因や対策についてふれていきます。

原因や対策は?

 では、トラックの事故の原因や対策は、何が挙げられるでしょうか?

原因は?

  • 居眠り運転
  • 運転席の位置が高い
  • 摩耗タイヤを着用

 トラックの事故の原因としては、居眠り運転が挙げられます。

 この原因は、運行のスケジュールが過密なことによって体調不良となり、運転中に眠ってしまい、他車に衝突や単独事故を引き起こしています。

 また、別の原因としては、運転席の位置が高いことが考えられます。

 この場合は、目線が高いことにより車間距離を保てなくなることが挙げられ、前車との追突事故が発生しています。

 さらに、他の原因としては、摩耗タイヤを着用していることが挙げられます。

 これは、摩擦によって減ってしまっているタイヤを着用していることにより、スリップや転倒などでの事故が起こっています。

対策は?

 さて、トラックの事故を防ぐ対策は、何が挙げられるでしょうか?
  • 健康状態を整える
  • 車間距離を取る
  • タイヤのメンテナンス

 トラックの事故を防ぐ対策は、健康状態を整えることが挙げられます。

 これは、体調が悪いなどの症状が出ている場合は、無理をして運転をせずに休息を取ることです。

 また、眠気がある場合は、パーキングエリアやコンビ二などに寄り、仮眠を取ってリフレッシュすることが重要です。

 さらに、別の対策としては、車間距離を取ることが挙げられます。

 この場合は、車間距離を保って運転することによって、前車との接触や追突事故を防止することができます。

 他の対策としては、タイヤのメンテナンスが挙げられます。

 これは、タイヤの状態を定期的に確認し、減っている場合は交換するなどの処置を行います。

 この対策を取っておくことで、タイヤが減っていることでの事故は防げるかもしれませんね。

 上記のような原因や対策について覚えておくことで、安全運転を意識して事故を防げるのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP