みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【事例や対策】トラックの作業中に起きるヒヤリハットとは?

豆知識
荷台から落ちるフォークリフト

 トラックで作業を行っている際に、事故などが起きそうになったことはありませんか?

 この事故が起きる手前となる出来事をヒヤリハットと呼んでいます。

 また、ヒヤリハットを書式化することで、事例や対策を具体化できます。

 そこで今回は、トラックの作業中に起きるヒヤリハットの事例や対策などについてまとめてみました。

ヒヤリハットとは?

 さて、トラックの作業中に起きるヒヤリハットとは、どのような内容なのでしょうか?

 ヒヤリハットとは、重大事故の手前となるヒヤリとしたり、ハッとしたりするような出来事を指しています。

  • ヒヤリハットとは
  • 重大事故の手前

 このヒヤリハットは、結果として事故に至らなかったために見過ごされる場合が多く、このような事例を分析することで重大事故などを予防できます。

  • ヒヤリハットの事例を分析
  • 重大事故を予防できる

 また、ヒヤリハットの事例を分析する際には、書式化することが挙げられます。

 この書式化の流れは、以下のようになります。

  • 発生日時
  • 作業内容
  • 発生状況の詳細
  • 今後の対策

 ヒヤリハットの書式化の流れとしては、発生日時の記入を行います。

 この場合は、ヒヤリハットの事例が起きた日付や時間を正しく記入します。

 また、作業内容を記入することも挙げられ、どのような作業を行った時に起きたかを記録します。

 さらに、発生状況の詳細を記入することも挙げられ、発生当時に起きた内容と何に問題があったかを分析できます。

 また、今後の対策を考え、ヒヤリハットの発生状況を分析し、最終的な対策案を出します。

 ここまではトラックのヒヤリハットや書式について説明してきましたが、次の項目では事例や対策についてふれていきます。

事例や対策は?

 では、トラックのヒヤリハットの事例は、何が挙げられるでしょうか?

事例は?

  • 後退時に轢かれそうになった
  • パワーゲートから落ちそうになった
  • シート掛けの最中に足を踏み外しそうになった

 ヒヤリハットの事例としては、後退時に轢かれそうになることが挙げられます。

 この事例は、運転手がトラックを後退する際に、後方で作業員が脚立を片づけていることに気付かず轢きそうになることです。

 また、別の事例としては、パワーゲートから落ちそうになることが挙げられます。

 この事例は、トラックの荷台から台車をパワーゲートに移動させる際に、後ろ向きで引っ張っていたことでストッパーに気づかずつまづき、バランスを崩して落ちそうになることです。

 さらに、もう一つの事例としては、荷台のシート掛け中に足を踏み外しそうになることが挙げられます。

 この事例は、トラックに荷物を積み込みシート掛けをしている際に、あおりを移動して足元がふらつき転倒しそうになることです。

対策は?

 さて、ヒヤリハットの対策は、どのような方法が挙げられるでしょうか?

  • 後退させる時は確認を行う
  • 台車移動時は前方が見えるように後方から押す
  • 作業台を準備する

 ヒヤリハットの対策は、トラックを後退させる時に、後方、通路などの確認を行うことが挙げられます。

 この対策は、後退時に死角となる後方や狭い通路の状況を把握するために行い、目視のあとに見えない範囲をトラックから降りて確認します。

 また、別の対策としては、トラックのパワーゲート上の台車移動などは前方が見えるように後方から押すことが挙げられます。

 この対策は、後ろ向きで台車を引っ張っていると後方の確認ができないため、視認性を上げるには台車移動時は前方が見えるように後方から押すことです。

 さらに、もう一つの対策は、作業台を準備することが挙げられます。

 この対策は、荷台などの不安定な足場で作業を行うことを防ぐために、作業台を設けて安全性を向上させることです。

 上記のような事例や対策について覚えておけば、事故などを未然に防ぐことができるのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP