みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【テクニックや注意点】トレーラーを運転する際のコツは?

豆知識
ドライバーとトレーラー

 トレーラーとは、2つの車両を連結している貨物自動車です。

 このトレーラーを運転する際は、どんなコツやテクニックがあるのでしょうか? 

 また、トレーラーを運転する場合は、注意点がいくつか挙げられます。

 そこで今回は、トレーラーを運転する際のコツや注意点などについてまとめてみました。

コツやテクニックは?

 さて、トレーラーとは、前後2つの車両が連結している貨物自動車の1種で、後方の荷台に荷物を積込めます。

  • トレーラーとは
  • 2つの車両が連結している貨物自動車

 このトレーラーの用途としては、荷物の輸送や搬入を行う運送業などで使用されることが多くなっています。

 また、トレーラーを運転するためには、大型免許と牽引免許が必要となります。

  • 大型免許
  • 牽引免許

 この大型免許は、車両総重量が11000kg以上で最大積載量が6500kg以上、または乗車定員が30人以上の車両を運転する際に取得しなければなりません。

  • 大型免許
  • 車両総重量が11000kg以上
  • 最大積載量が6500kg以上
  • 乗車定員が30人以上

 さらに、牽引免許とは、前方の車両に750kgを超える車両を連結器で接続し、これを引っ張りながら運転する場合に必要な資格です。

  • 牽引免許
  • 前方の車両に750kgを超える車両を接続

 また、トレーラーを運転する際のコツやテクニックは、何が挙げられるでしょうか?

  • 外輪差を意識
  • バックする際のハンドルの切り替えし

 トレーラーを運転する際のコツやテクニックとしては、外輪差を意識することが挙げられます。

 この外輪差とは、ハンドルを切って走行する際にハンドルと逆方向に後方の車両がはみ出してしまう現象です。

 また、運転席からは後方の車両が見えづらいため、曲がる際に引っ掛けてしまう恐れがあります。

 このため、トレーラーで旋回する際は、外輪差を意識してスピードを落とし、大回りに旋回すると良いでしょう。

 また、別のコツやテクニックとしては、バックする際の切り替えしが挙げられます。

 これは、トレーラーの後部には遊びがあるため、後退している際に左右のどちらかに曲がってしまいます。

 このため、バックする場合は、ハンドルの左右の切り替えしが必要となります。

 ここまではトレーラーの運転のコツやテクニックについて説明してきましたが、次の項目では注意点についてふれていきます。

注意点は?

 では、トレーラーを運転する際の注意点は、どのようなことが挙げられるでしょうか?

  • ジャックナイフ現象
  • 目線が高い

 トレーラーを運転する際の注意点としては、車両の後輪がスリップすることで、くの時の形に曲がるジャックナイフ現象があります。

 この現象は、トレーラーが山道を走っている際の急ハンドルや、雪道で曲がろうとした際のスリップで起きることが考えられます。

 また、トレーラーブレーキを使用することで、トレーラー部分の作動を制動でき、スリップ時にも停止することができます。

 さらに、別の注意点は、トレーラーからの目線が高いことが挙げられます。

 このため、目線が高いことで先行車との車間距離が取りづらいので、車間距離を保ち、視野を広げるように心掛けましょう。

  • 積載時の違い
  • 交差点の走行

 また、別の注意点としては、トレーラーの積載時の違いが挙げられます。

 これは、積載時と積載が無い場合で重さが大きく変わり、速度のコントロールやギアチェンジの操作に影響します。

 さらに、別の注意点は、交差点を走行する場合に死角が多いことが挙げられます。

 トレーラーは死角が多いため、歩行者の巻き込みなどの恐れがあります。

 このため、右左折する場合は、左右前後方の確認をした後に、巻き込みや接触をしないようにスピードを下げて曲がりましょう。

 上記のコツや注意点について覚えておけば、トレーラーを運転する際に役立つのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP