みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【種類やメーカー】トラックの架装とは?

豆知識
トラックの架装

 トラックの架装とは、車両などに積載されている装備のことを指しています。

 この架装は、使用用途に合った種類があるのをご存じでしょうか?

 また、トラックの架装を行うメーカーはいくつかに分かれています。

 そこで今回は、架装の種類やメーカーなどについてまとめてみました。

架装の種類は?

 さて、トラックの架装とは、車両などに積載されている装備のことを指しています。

 この架装は、業種や使用用途に適している装備を施しています。

  • 車両に積載される装備
  • 業種や使用用途に適している

 また、トラックの架装には、様々な種類があるのをご存じでしょうか?

  • 平ボディ
  • バン
  • ダンプ
  • クレーン

 トラックの架装の種類としては、平ボディが挙げられます。

 この平ボディは、鉄製やアルミ製などで造られた荷台を備えていて、荷物を積むことができます。

 また、別の架装には、バンが挙げられます。

 このバンは、荷台を箱型に架装していて、雨や直射日光から荷物を保護することが可能です。

 さらに、他の架装にはダンプが挙げられます。

 このダンプは、荷台部分を油圧で傾斜させることができ、土砂や木材の荷卸しを行うために利用されます。

 また、別の架装としては、クレーンが挙げられます。

 このクレーンは、工事現場や倉庫などの現場作業などで使用され、機材や木材の搬入や移動などの積み下ろしを行います。

 ここまではトラックの架装の種類について説明してきましたが、次の項目ではメーカーについてふれていきます。

架装を行うメーカーは?

 では、トラックの架装メーカーとは、どのような企業が挙げられるでしょうか?

 この架装メーカーには、いくつか種類があり、それぞれ特色があります。

 また、代表的なメーカーは、以下が挙げられます。

  • いすゞ車体
  • 株式会社タダノ
  • 極東開発工業

 主な架装メーカーとしては、いすゞ車体が挙げられます。

 このいすゞ車体は、いすゞ自動車の子会社で1994年に設立されました。

 また、架装業務以外にも、商業車の仕様変更や仕様追加、改造工事なども行います。

 さらに、別のメーカーとしては、株式会社タダノが挙げられます。

 この株式会社タダノは、1948年に設立された建設機械を中心に取り扱うメーカーです。

 また、世界最大級の吊上げ能力を誇るラフテレーンクレーンのGR-1450EX-2145を発売した事でも知られています。

 さらに、もう一つのメーカーとしては、極東開発工業が挙げられます。

 この極東開発工業は1955年に設立された架装車の総合メーカーです。

 また、ダンプやミキサーなどの建設機械の架装を主に取り扱っていますが、トラックの後部に装備するパワーゲートを開発したことでも有名です。

 上記の架装の種類やメーカーを知ることによって、架装についての理解が深まったのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP