みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【費用や時期】クラッチを交換する際の部品は?

豆知識
クラッチの構造

 車のクラッチとは、エンジンの動力を車輪に伝えるための動力伝達装置です。

 このクラッチを交換する際の部品は、何が挙げられるでしょうか?

 また、クラッチを交換する場合の費用や時期は、どうなっているのでしょうか?

 そこで今回は、クラッチを交換する際の部品や費用などについてまとめてみました。

交換する際の部品は?

 さて、車のクラッチとは、エンジンの動力を車輪に伝えるために必要不可欠な動力伝達装置です。

 このクラッチが起動しなければ、車は動くことができません。

  • エンジンを車輪に伝えるための動力伝達装置
  • 車の動作に必要不可欠

 また、クラッチを構成している部品は、何が挙げられるでしょうか?

  • クラッチディスク
  • クラッチカバー
  • クラッチレリーズ

 クラッチを構成している部品としては、クラッチディスクが挙げられます。

 この部品は、エンジンの動力を伝達し、接続時の振動などを軽減する役目があります。

 また、別の部品としては、クラッチカバーが挙げられます。

 この部品は、クラッチディスクをエンジンに近づけたり、離したりする役目があります。

 さらに、他の部品ではクラッチレリーズが挙げられます。

 クラッチレリーズは、クラッチカバーの中心部分にあるベアリングのことを指し、回転による摩擦を減らす目的があります。

 上記のような部品が故障している場合は、交換や修理を行う必要があります。

  • クラッチの交換
  • クラッチの修理

 ここまではクラッチを交換する際の部品について説明してきましたが、次の項目では費用や時期についてふれていきます。

交換する費用や時期は?

 では、クラッチを交換する費用は、どうなっているのでしょうか?

 クラッチを交換する費用としては、自分で交換を行う場合と業者に交換を依頼する場合で異なります。

  • 自分で行う 2万円~4万円
  • 業者に依頼 6万円~10万円

 自分で交換を行う場合の費用としては、2万円から4万円程度掛かります。

 この場合は、工賃が掛からないため、部品代金のみで交換できます。

 また、自分で行う場合は、車の解体などの技術や知識が必要になります。

 一方、業者に交換を依頼する場合の費用は、6万円から10万円程度掛かります。

 この場合は、工賃と部品代金が含まれた金額となります。

 さらに、業者に依頼する場合は、自分で交換する手間が省けます。

時期は?

 クラッチを交換する時期の目安としては、すべりの症状が出たら取り換えなければなりません。

  • クラッチの交換時期
  • すべりの症状が出たら

 この症状は、クラッチディスクがすべってしまい、加速までに時間が掛かることを指しています。

 また、すべる症状が酷くなった場合は、エンジンの動力が車輪に伝わらなくなり、走行ができなくなることも考えられます。

 このため、すべる症状が出た場合は、アクセルを強く踏むことを避け、加速に合わせて運転するように心掛けましょう。

 上記の費用や時期を覚えておけば、交換する際に役立つのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP