みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【効果や自作】車のサンシェードとは?

豆知識
サンシェードを設置している車

 車のサンシェードとは、窓に設置して太陽光を遮断するシートです。

 このサンシェードの効果は、どれ程あるのか気になりますよね。

 また、サンシェードを自作する方法やおすすめは、何が挙げられるでしょうか?

 そこで今回は、サンシェードの効果や自作方法などについてまとめてみました。

サンシェードの効果は?

 さて、車のサンシェードとは、フロントガラスやサイドウィンドウに設置して、太陽光を遮断する日よけシートのことを指しています。

 このため、サンシェードは、日差しが強い日や紫外線が強い日などに設置します。

  • 日差しが強い日
  • 紫外線が強い日

効果

 また、サンシェードの効果は、何が挙げられるでしょうか?

  • 太陽光を遮る
  • 車内の温度を下げる

 サンシェードの効果としては、太陽光を遮ることが挙げられます。

 この効果は、車内に日差しが入るのを防ぎ、光の眩しさを軽減できることです。

 また、別の効果としては、車内の温度を下げることが挙げられます。

 この効果は、サンシェードを設置することにより太陽熱を遮断することができ、車内に熱がこもりづらくなることです。

 また、サンシェードを設置した場合と設置していない場合の温度変化は、以下のようになります。

  • ハンドル
  • 設置前 71度
  • 設置後 50度
  • ダッシュボード
  • 設置前 74度
  • 設置後 48度
  • 助手席の下
  • 設置前 42度
  • 設置後 38度

 サンシェードを設置した場合と設置していない場合のハンドルは、21度の温度差があります。

 また、ダッシュボードは、温度差が26度となります。

 さらに、助手席の下は、温度差が4度の差があります。

 このため、サンシェードを設置することで、温度が下がることが分かります。

 ここまではサンシェードの効果について説明してきましたが、次の項目では自作する方法などについてふれていきます。

自作方法やおすすめのタイプは?

 では、車のサンシェードを自作する方法は、何が挙げられるでしょうか?

自作する方法は?

  • 車の窓に新聞紙をあてて型を切り取る
  • 型を銀マットに貼りつけて切り取る
  • 銀マットを窓のサイズに合わせて微調整

 サンシェードを自作する際は、はじめに設置する車の窓に新聞紙をあててカッターなどで型を切り取ります。

 また、切り取った型は、銀マットに貼り付けて同じように切り取っていきます。

 さらに、切り取った銀マットを窓のサイズに合わせて微調整します。

 この方法を実践することで、車の窓のサイズに合ったサンシェードが完成します。

おすすめは?

 また、サンシェードを購入する場合のおすすめのタイプは、以下の種類が挙げられます。

  • 折り畳み式
  • 吸盤式
  • 装着式

 サンシェードを購入する場合のおすすめタイプとしては、折り畳み式があります。

 この折り畳み式は、使用しない際に小さく折り畳んで収納することが可能です。

 このため、折り畳み式は保管するスペースを取りません。

 また、別の種類としては、吸盤式が挙げられます。

 この吸盤式は、設置する際に吸盤で固定することができ、車の振動などで外れる心配がありません。

 さらに、もう一つの種類としては、装着式が挙げられます。

 この装置式は、ドアと窓に直接被せて使用します。

 また、装着式は被せるタイプなので窓の開閉が可能です。

罰則は?

 また、車の走行中にサンシェードを設置している場合は、罰せられる可能性があります。

 これは道路交通法の第55条2項により、以下のように定められています。

  • 車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。

 このため、サンシェードを設置している場合は、運転の妨げになる可能性があるため、停車時に使用しましょう。

 上記の効果や自作する方法を知っておくことで、太陽光などを遮断することができるのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP