みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【保険や対処】車で動物を轢いた場合はどうすればいいの?

豆知識
動物注意の標識

 車を運転している際に飛び出してきた動物を轢いた場合は、どうすれば良いのでしょうか?

 この動物を轢いてしまった場合は、保険がきくのか気になりますよね。

 また、動物を轢いてしまった際の対処は、どのようなことが挙げられるでしょうか?

 そこで今回は、車で動物を轢いた場合の保険や対処についてまとめてみました。

轢いてしまった場合の保険は?

 さて、車で動物を轢いた場合は、どうすれば良いのでしょうか?

 車で動物を轢く状況としては、いきなり飛び出してきたために対応ができないことが考えられます。

  • 動物を轢く状況
  • いきなり飛び出してきた時

 さらに、飛び出してきた動物を避けようとして急ハンドルを切った場合は、対向車や建物に衝突をして事故を起こす危険性があります。

  • 動物を避けようとして急ハンドルを切る
  • 事故を起こす危険性

 また、飛び出してくる可能性がある動物としては、犬や猫を始めとした小動物から、猪や鹿などの大型の動物が挙げられます。

  • 犬や猫
  • 猪や鹿

 さらに、猪や鹿などの大型の動物と衝突した場合は、車が激しく破損することが考えられます。

保険は?

 車で動物を轢いた場合は、保険がきくのでしょうか?

 この場合は、自損事故という扱いになります。

  • 車で動物を轢く
  • 自損事故

 また、自損事故は運転手の過失のみによる物損事故なので、自賠責保険では損害が補償されません。

 ただし、自損事故を起こした場合は、自損事故保険に加入しておくことで補償がききます。

 このような事故に備えて、保険を見直しておくと良いかもしれませんね。

 ここまでは動物を轢いてしまった場合の保険について説明してきましたが、次の項目では対処などついてふれていきます。

対処や連絡先は?

 では、車で動物を轢いてしまった場合の対処は、何があるのでしょうか?

対処

 車で動物を引いた場合の対処としては、以下が挙げられます。

  • 車を安全な場所に止める
  • 轢いてしまった動物を移動させる
  • 道路緊急ダイヤルへ電話をする

 動物を轢いた場合の対処は、車を安全な場所に止めることが挙げられます。

 この対処は、後続車や歩行者の邪魔にならないよう路肩に停車させることです。

 また、別の対処としては、轢いてしまった動物を移動させることも挙げられます。

 この対処は、後続車などが再び轢いてしまうことや二重事故を防ぐ目的があります。

 さらに、もう一つの対処に道路緊急ダイヤルへ電話をすることが挙げられます。

 この対処は国土交通省が定めている道路管理センターに報告することです。

 このような管理センターに報告することで、役員が動物の遺体を回収してくれます。

対策は?

 動物を轢かないための対策は、何が挙げられるでしょうか?

  • 動物が飛び出してきたら減速する
  • 動物注意の看板を見掛けたら注意

 動物を轢かないための対策としては、動物が飛び出してきたら減速することが挙げられます。

 これは、道路などに飛び出してきた場合にスピードを下げることで動物の動きが確認できるためです。

 また、別の対策としては、動物注意の看板を見掛けたら注意することが考えられます。

 この対策は、看板が設置されている場合は突然飛び出してくる可能性があることが予測されるからです。

 このため、動物注意の看板を見掛けたら減速し、周りを確認しながら運転するように心掛けてみてはいかがでしょう。

 上記のような、保険や対処について知っておけば、動物を轢いてしまった際に困ることが無くなるかもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP