みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【事例や対策】ユンボの事故が起きる原因は?

豆知識
ユンボの事故

 ユンボは、建設現場などで使用される建設機械です。

 このユンボの事故が起きる原因は、何が挙げられるでしょうか?

 また、ユンボの事故事例や対策は、何があるのでしょうか?

 そこで今回は、ユンボの事故の原因や対策などについてまとめてみました。

事故が起きる原因は?

 さて、ユンボとは、建設現場などの作業に使用されている建設機械です。

 このユンボに類似した建設機械の一つに、バックホウがあります。

 また、ユンボとバックホウの違いとしては、名称や製造したメーカーが異なることが挙げられます。

  • ユンボとバックホウの違い
  • 名称や製造メーカーが異なる

原因は?

 では、ユンボの事故が起きる原因は、何があるでしょうか?

  • 死角の確認を怠る
  • 誤操作
  • 安全装置を作動させない

 ユンボの事故が起きる原因としては、死角の確認を怠ることが挙げられます。

 この死角とは、車両後方のミラーで見えない範囲を指しています。

 また、死角の確認を怠ることで、後方の作業員や障害物を見落とし、衝突事故を引き起こす可能性があります。

 さらに、別の事故が起きる原因としては、誤操作が挙げられます。

 この誤操作とは、アーム部分の操縦を間違えることであり、作業員などと接触するという事故が起こっています。

 また、事故が起きる原因の一つに、荷上げ作業で安全装置を作動させていないことが考えられます。

 この安全装置とは、作業員や障害物に衝突した場合にロックが掛かり、安全を保持する機能です。

 このため、荷上げ作業時に安全装置を作動させていないと、対象物にアームがぶつかるなどの事故が起きる可能性があります。

 ここまではユンボの事故が起きる原因について説明してきましたが、次の項目では事故事例や対策についてふれていきます。

事故事例や対策は?

 では、ユンボの事故事例や対策は、何が挙げられるでしょうか?

事故事例は?

  • 後退時に作業員を轢く
  • 誤操作により作業員が転倒
  • コンクリートが作業員に直撃

 ユンボの事故事例としては、積み込み作業が終わり後退する際に、作業員に気づかず轢いてしまったことが挙げられます。

 この事故で作業員は腰の骨を折るなどの怪我を負ってしまいました。

 また、別の事故事例では、荷卸し作業中の誤操作によりアームが作業員に接触し転倒する事故が起きました。

 この事故では作業員は軽傷だったものの、転倒時に打ちどころが悪かったら被害は大きくなっていました。

 さらに他の事故事例では、安全装置を作動させなかったことにより、吊上げていたコンクリートが作業員に直撃する事故が起きています。

 この事故は、吊り上げていたコンクリートを保持したまま旋回を試みたところ、安全装置が作動せず、補助作業をしていた作業員に当たり死亡事故が起こりました。

対策は?

 さて、ユンボの事故を防ぐ対策は、何があるでしょうか?

  • 死角を確認
  • 適度な休憩
  • 安全装置を作動させる

 ユンボの事故を防ぐ対策としては、死角を確認することが挙げられます。

 この死角を確認することは、作業や後退を行う前にユンボから降りて作業員や障害物が後方にいないかを見ることです。

 また、別の対策として適度な休憩を取ることが挙げられます。

 ユンボの作業を連続で行うことにより、疲労が溜まり集中力や判断力が低下する場合が考えられます。

 このため、休憩を取った後に作業を行えれば、誤操作などを防げます。

 さらに、ユンボの安全装置を作動させることも挙げられます。

 この安全装置を作動させることで、吊上げや荷上げ作業時のトラブルも防げるかもしれませんね。

 上記の原因や対策を覚えておくことで、事故などを未然に防ぐことができるのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP