みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【コツや事故防止】トラックのバックはどうやるの?

豆知識
トラックがバックしている時

 トラックを駐車する際に、バックを行うことがありますよね。

 このトラックをバックする際のコツは、何があるでしょうか?

 また、トラックをバックする際に起こる事故や事故を防止する方法は、何が挙げられるでしょうか?

 そこで今回は、トラックをバックする際のコツと事故や事故防止についてまとめてみました。

バックのコツとは?

 さて、トラックをバックする際のコツは、何が挙げられるでしょうか?

  • 外輪差を意識
  • 正しい運転姿勢

 トラックをバックする際のコツは、外輪差を意識することがあります。

 この外輪差は左方向のバックの場合に、左後ろのタイヤを意識しておけば、左前のタイヤがこの外側を通ることです。

 このため、左後ろのタイヤが障害物に当たらなければ、左前のタイヤも当たることはありません。

 また、別のコツとしては、正しい運転姿勢を身に付ける必要が挙げられます。

 この正しい運転姿勢とは、運転席などに深く座り、ハンドルの高さが合っている状態を指しています

 さらに、正しい運転姿勢を身に着けることで、広範囲を見渡せるため、視野を広げる効果があります。

 また、トラックをバックする際に音を鳴らして注意喚起を促す、バックブザーがあります。

 このバックブザーは安全な駐車をするために、自主的に装備することが認められています。

  • 注意喚起
  • 安全な駐車

 また、バックブザーを鳴らす場合は、時間を守る必要があります。

 バックブザーは昼間の使用は可能ですが、夜間などに鳴らすと騒音になる場合があります。

  • 夜間は使用は控える
  • 昼間の使用は可能

 ここまではトラックをバックする際のコツについて説明してきましたが、次の項目では事故や事故防止についてふれていきます。

事故や事故防止は?

 では、トラックの事故や事故を防止する方法は、どのようなことがあるのでしょうか?

事故は?

 トラックをバックする際に起こる事故の原因は、後方の死角が大きく関係しています。

  • 事故の原因
  • 後方の死角

 この後方の死角とは、トラックの後ろ部分にミラーやバックモニターで見えない範囲を指しています。

 このため、後方の死角にいる歩行者やバイクなどを轢いてしまう事故が考えられます。

防止方法は?

 さて、トラックをバックする際に事故を防止する方法は、何があるでしょうか?

  • トラックを降りて後方の確認
  • スピードをゆるめてバックをする
  • 同乗者に後方を確認してもらう

 バックする際の事故を防止する方法は、トラックを降りて後方を確認することが挙げられます。

 この方法は、ミラーやバックモニターで見えない死角を見るために行ないます。

 また、事故を防止する方法に、スピードをゆるめてバックをすることが挙げられます。

 これは、極力速度を下げて駐車を行うことで、障害物に当たった場合も被害を軽減させることが可能になります。

 さらに、別の防止する方法として、同乗者に後方を確認してもらうことが挙げられます。

 この方法は、駐車をする際に同乗者に死角の範囲を見てもらい誘導してもらうことで、事故を防げます。

 トラックをバックする際のコツや事故防止の方法について知っておくことで、事故などを防ぐことができるのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP