みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【調整や防止】ワイパーのビビりの原因は?

豆知識
ワイパーを動かす

 雨天時に使用するワイパーですが、このワイパーに振動が起きてしまう現象をビビリと呼びます。

 このワイパのビビリの原因は、何が考えられるでしょうか?

 また、ワイパーの調整やビビリを防止する方法は、あるのでしょうか?

 そこで今回は、ワイパーのビビリの原因と調整や防止についてまとめてみました。

ビビリの原因は?

 さて、ワイパーのビビリとは、使用する際に不自然な動きと、振動が起きてしまう現象のことを指します。

 このワイパーのビビリの原因は、どのようなことが考えられるでしょうか?

原因は?

  • ガラスの汚れや油膜
  • ワイパーゴムの劣化
  • 押しつける力が均等

 ワイパーのビビリの原因としては、ガラスの汚れや油膜が考えられます。

 このガラスの汚れや油膜は、付着物によってワイパーを使用する際に引っ掛かり、動きづらくなっているためです。

 また、原因の一つにワイパーゴムの劣化が挙げられます。

 このワイパーゴムの劣化は経年経過により、損傷が激しくなることで歪みが生じてしまいます。

 さらに、別の原因としては、ワイパーの押しつける力が均等になっていない場合があります。

 このワイパーの押しつける力が均等になっていないとは、ワイパーが雨や雪の影響で変形してしまっていて、力の伝え方が偏ってしまっている状態です。

 ここまではワイパーのビビリの原因について説明してきましたが、次の項目では調整や防止についてふれていきます。

調整や防止は?

 では、ワイパーの調整やビビリを防止する方法は、何が挙げられるでしょうか?

調整方法は?

  • ワイパーをゆっくり曲げる
  • 手で折り曲げて調整

 ワイパーの調整方法としては、ゆっくり曲げることが考えられます。

 このワイパーにはネジがついていないため、手で折り曲げて調整しなければなりません。

 とはいえ、ワイパーを調整する際に力を入れ過ぎてしまうと、折れてしまう場合があるので、細心の注意が必要になります。

 このワイパーを調整する際の力加減としては、タオルなどでワイパーを包み込み傷がつかないように気を払い、ペンチなどを使用してゆっくり曲げると良いでしょう。

防止方法は?

 さて、ワイパーのビビリを防止する方法は、何が挙げられるでしょうか?

  • ワイパーゴムを定期的に交換
  • 日頃からメンテナンスを行う

 ワイパーのビビリを防止する方法は、ワイパーゴムを定期的に交換することが挙げられます。

 このワイパーゴムを定期的に交換することとは、期間を決めて取り換えることで損傷を防ぐために行います。

 また、ワイパーゴムの交換の目安は、1年に1回が良いとされています。

 さらに、ワイパーゴムの寿命は、使用状況や保管環境などでも大きく変わってきます。

 また、別の防止方法としては、日頃からメンテナンスを行うことが考えられます。

 このメンテナンスとは、車の状態を確認し、汚れなどをつけないように管理することです。

 また、ワイパーゴムの劣化の確認なども日頃から行っておくと、変化に気づきやすいのではないでしょうか?

 上記のような、原因と調整や防止方法について知っておくことで、ビビりを未然に防げるかもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP