みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【対処や対策】マフラーから白煙が出る原因は?

豆知識
マフラーから煙が出ている

 マフラーから白煙が出る場合は、焦りますよね。

 このマフラーの白煙の原因は、何が考えられるでしょうか?

 また、マフラーの白煙の対処や対策はあるのでしょうか?

 そこで今回は、マフラーから出る白煙の原因と対処や対策についてまとめてみました。

白煙の原因は?

 さて、マフラーから出る白煙は、なんなのでしょうか?

 このマフラーから出る白煙は、2種類に分類されます。

  • 水蒸気

 マフラーから水蒸気が出る場合は、車内が冷えている際に発生する煙で臭いはありません。

 この水蒸気は車内が温まるとすぐ消えてしまいます。

 また、水蒸気が発生する際は、エンジンのコンディションが良い状態と言われています。

 一方、マフラーから煙が出る場合は、エンジンオイルの焦げた臭いがします。

 この臭いのある煙は、水蒸気と違うためすぐに消えることはありません。

 また、臭いのある煙が出る際は、エンジンにトラブルがあるとされていて、一般的な白煙はこの煙を指します。

原因は?

 マフラーから臭いのある白煙が出る原因は、どのようなことが関係しているのでしょうか?

 この白煙が出る原因は、シリンダーとピストンの間にエンジンオイルが入り込んでいる、オイル上がりかオイル下がりが考えられます。

  • オイル上がり
  • オイル下がり

 このオイル上がりは、摩耗などによりピストンの下から燃料室へエンジンオイルが入り込んでいることが考えられます。

 また、オイル上がりによりエンジンオイルとエンジンが一緒に燃えてしまうため、白煙が発生します。

 さらに、白煙が出る原因の一つに、オイル下がりがあります。

 オイル下がりは、シリンダーヘッドを循環するエンジンオイルが燃焼室に入り込んでいることが関係しています。

 このようなオイル下がりもエンジンオイルとガソリンが一緒に燃えるため、白煙が発生します。

 ここまではマフラーから出る白煙の原因について説明してきましたが、次の項目では対処や対策についてふれていきます。

対処や対策は?

 では、マフラーから白煙が出る場合の対処や対策は、何が挙げられるでしょうか?

対処

  • 添加剤を使用する
  • 整備工場に修理を依頼

 マフラーから白煙が出る対処は、添加剤を使用することです。

 この添加剤とは、エンジンオイルの粘度を上げる効果があり、隙間からオイルが漏れないようにします。

 このため、添加剤を使用することでエンジンオイルとガソリンが燃えるのを一時的に防ぎます。

 また、別の対処としては、整備工場に修理を依頼することが挙げられます。

 この整備工場に修理を依頼することは、車の専門知識がある整備士に見てもらうため、白煙の原因がすぐ分かり、修理を施してもらえます。

 ただし、整備工場に修理を依頼する場合は、費用が掛かるため事前に金額を確認しておきましょう。

対策

  • エンジンオイルの交換
  • 定期的なメンテナンス

 マフラーから出る白煙の対策は、エンジンオイルの交換が挙げられます。

 このエンジンオイルは、経年経過により粘度が下がるため、隙間から漏れ易くなります。

 このため、エンジンオイルを定期的に交換することで、漏れを防ぎます。

 また、エンジンオイルの交換は1年に1回が適切だと言われています。

 さらに、別の対策としては、エンジンの定期的なメンテナンスを行うことが考えられます。

 この定期的なメンテナンスを行うことで、エンジンオイルの漏れや劣化を早期に発見できます。

 また、メンテナンスを行う期間としては、2年から3年以内が適切だと言われています。

 マフラーの白煙の原因と対処や対策について知っておくことで、未然にトラブルを防ぐことができるかもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP