みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【見方や後付】車のタコメーターの意味は?

豆知識
光るタコメーター

 車のタコメーターは、回転数を測定するメーターのことを指しています。

 このタコメーターには、どのような意味があるのかご存じでしょうか?

 また、車のタコメーターの見方や後付が可能なのか気になりますよね。

 そこで今回は、車のタコメーターの意味と見方や後付についてまとめてみました。

タコメーターの意味は?

 さて、車のタコメータには、どのような意味があるのでしょうか?

 タコメーターとは、エンジンの回転数を指示する測定器のことを指しています。

 このエンジンの回転数は、車を運転する上で重要な要素であり、パワーやトルク、レスポンスなどの特性に大きく関係しています。

  • パワー
  • トルク
  • レスポンス

 また、タコメーターに表示されるエンジンの回転数を把握することで、必要以上の回転を避けることができます。

 このため、エンジンを効率良く動かすことが可能となり、燃費が良くなることが挙げられます。

  • エンジンの回転数を把握
  • 必要以上の回転数を避ける
  • エンジンを効率良く動かす
  • 燃費が良くなる

 また、車のタコメーターを取り付けていないことで、困ることはあるのでしょうか?

 このタコメーターを取り付けていないと、エンジンの回転数が分からないということが挙げられます。

 このため、エンジンの回転数を正しく把握することができないために、必要以上に回転数を上げてしまい、燃費が悪くなる可能性があります。

  • エンジンの回転数を把握できない
  • 燃費が悪くなる

 ただし、エンジンの回転数が分からなくても困らないという方は、取り付ける必要がありません。

 ここまではタコメーターの意味について説明してきましたが、次の項目では見方や後付けについてふれていきます。

見方や後付は?

 では、車のタコメーターの見方や後付けは、どのように行うのでしょうか?

見方は?

 タコメーターの見方としては、1メモリが1000回転を表しています。

  • タコメーターの見方
  • 1メモリが1000回転

 このため、タコメーターが3メモリを指示していたら、3000回転していることになります。

 また、タコメーターには赤いメモリになっているところがあります。

 この赤いメモリは、必要以上に回転数を上げている場合に注意を促し、エンジンへの負担を防ぐ目安となっています。

  • 赤いメモリ
  • 必要以上の回転を上げている場合

 また、エンジンの回転数は、2000回転を保つことが燃費に良いとされています。

  • エンジンの回転数
  • 2000回転が燃費に良い

後付は?

 さて、タコメーターの後付は可能なのでしょうか?

 このタコメーターの後付は、自分で行う場合とカーショップに依頼する場合の二つがあります。

  • 自分で行う
  • カーショップに依頼する

 自分で行う場合は、ECU(エンジンコンピューター)から出ている線に、タコメーターの信号線を分岐させて接続させます。

 この場合は、車の専門知識がないと難しく、時間と手間が掛かります。

 また、自分で行う場合の費用は、タコメータの本体価格の5000円から20000円程度が掛かります。

  • 自分で行う場合
  • 5,000円~20,000円

 一方、カーショップに依頼する場合は、整備士に取り付けを行ってもらえるので自分で接続を行う手間が省けます。

 また、この場合の時間は、1時間から2時間で完了します。

 さらに、カーショップに依頼する場合の費用は、タコメータの本体価格の5000円から20000円と、工賃の5000円から10000円が追加で掛かります。

 このため、カーショップに依頼する場合の費用は10000円から30000円程度を目安にしておくと良いでしょう。

  • カーショップに依頼する場合
  • 10,000円~30,000円

 車のタコメーターの意味などや後付けについて覚えておくことで、使用する際や取り付ける際に役立つかもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP