みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【車検切れのトラック】買取に出す時は再度車検を取得した方が良い?

トラック買取
車検切れトラック

 次のトラック購入を視野に入れている、もしくはすでに使用していないため、あえて車検を取らない、わざと車検を切らせているという状況があるかと思います。

 そんな車検が切れている状態のトラックを買取に出す場合、再度車検を取ってから業者に渡した方が良いのか?車検を取得した方が査定額が上がるのかなど、気になる点も多々ありますよね。

 そこで今回は、車検切れのトラックを買取に出す場合、車検を再取得したほうが良いのか?という点に注目してみました。

車検切れのトラックを買取に出すメリット

 車検切れのトラックを買取に出す際、比較的多くの方が車検を再取得してから買取に出した方が査定時にメリットが多い、というイメージが強くあるかと思います。

 ですが、実際はそんな事はなく、むしろ車検を再取得しないで買取に出した方が、いくつものメリットが存在する場合が多くなっているんです。

 では、車検切れのトラックを買取に出した時のメリットとして、どんな事が考えられるのか以下にまとめてみたので確認してみましょう。

  • 車検切れでも買取は可能
  • 一般的に、車検が切れてしまった車は「買取してもらえない」と思っている方が多いのではないでしょうか?
    実は、車検が切れたトラックでも買取業者は問題なく買取をしてくれます。場合によっては、思わぬ高額査定になる場合もあるので、気軽に査定を依頼してみるのも良いでしょう。
  • 車検は査定に影響しない
  • 車検切れのトラックを買取に出す場合、車検を再取得した方が高額査定に繋がると思っている方も多く存在するかと思います。
    ですが、実際はそんな事は無く、査定額に大きくプラスになる事はありません。むしろ、車検に掛かる10万円前後の費用や手間を考えると、車検を取得しない方が良いと言えます。

  • 車検切れのトラックを回収してくれる
  • 車検が切れたトラックは法律上、公道を走ってはいけない事になっています。そのため、むやみに動かすことも出来ず、結果的に放置する事も多くなっています。
    また、再び車検を取ろうとした場合は、仮ナンバーの取得などに手間が掛かりますが、買取に出すことで業者がレッカー車で引き取りに来てくれるので、手間も掛からないことになります。

 上記に挙げられた理由から、車検を再取得するよりも、そのまま買取に出した方が良いと言えます。

車検切れのまま買取に出す際の注意点

 トラックに限らず、一般的に車両は新車から時間が経つにつれ、どんどん価値が低下していくと言われています。
そのため、車検切れのトラックでも後々使用する予定がないなら早めに買取に出した方が良いともされています。

 ただ、車検の切れたトラックを買取に出す場合いくつかの注意点が存在するんです。

 どんな注意点があるのか、以下にまとめてみたので確認してみましょう。

  • 修理を行わない事
  • 長く使用していないトラックは、車体に傷や故障個所がある事も考えられます。
    ですが、修理を行ってから査定に出しても、査定額には殆ど反映されることはありません。また、多少の傷ぐらいであれば、査定にも影響はないため、傷や故障があってもそのまま査定に出すようにしましょう。

  • 車体の清掃を念入りに行う
  • 長く使用していないトラックは、車体に汚れが目立つ事も考えられます。
    車体の洗車や車内の清掃を念入りに行えば、査定時の印象も良くなり、査定額にも良い影響が出る可能性もあるので、査定前には洗車しておくことをおすすめします。

  • 必要書類を用意する
  • 長く使用していないトラックの場合、車検証や整備手帳、自賠責保険証、納税証明書など、買取時に必要となる書類を紛失または汚損してしまっている可能性があります。
    これらの書類が無いと、買取して貰う事が出来なくなる可能性があるので、事前に確認しておくようにしましょう。

 また、車検切れのトラックを買取に出す事なく、理由があって保管していたい場合は、税金の支払いが免除される一時抹消の手続きを行うことをおすすめします。

関連記事

PAGE
TOP