みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【燃費など】エンジンブレーキとは?

豆知識
-MT車のペダル

 エンジンブレーキは、自動車などに燃料を送らない制動作用です。

 このエンジンブレーキを使用することで、燃費が向上するのでしょうか?

 また、AT車やMT車のエンジンブレーキには違いがあるのでしょうか?

 そこで今回は、エンジンブレーキの燃費やAT車とMT車の違いについてまとめてみました。

燃費は?

 さて、エンジンブレーキとは、どのような制動作用なのでしょうか?

 自動車を加速する時にアクセルを踏み込むことでエンジンの回転数を高めますが、このアクセルを緩めることによって回転数が減り、スピードが減速します。

 このアクセルを緩める方法をエンジンブレーキと呼びます。

 エンジンブレーキは運転をしている際に、前方の信号が黄色から赤に変わりそうな場合にスピードを減速して止まることができます。

 また、先行車と車間距離が開いている場合に使用すると有効です。

  • 信号が赤に変わりそうな場合
  • 車間距離が開いている場合

燃費は?

 エンジンブレーキを使用することにより、燃費はどれ程良くなるのでしょうか?

 まず、フットブレーキは一般的に使用されているブレーキですが、スピードを緩める力が強くなっています。

 このため、エンジンの回転数が必要以上に下がってしまうことが挙げられ、再びスピードを上げる際にパワーを多く使用しなければなりません。

 一方、エンジンブレーキはスピードを緩める力は強くありませんが、再びスピードを上げる際にパワーを削減することができます。

 このため、エンジンブレーキはフットブレーキより燃費が良くなることが考えられます。

  • フットブレーキはパワーを多く使用
  • エンジンブレーキはパワーを多く使用しない

 ここまではエンジンブレーキの燃費について説明しましたが、次の項目ではAT車やMT車の違いについてふれていきます。

AT車やMT車の違いは?

 では、AT車やMT車のエンジンブレーキに、違いはあるのでしょうか?

 AT車とMT車のエンジンブレーキは、ブレーキの効きに違いがあります。

 このエンジンブレーキの効きは、トランスミッションの違いが大きく関係しています。

 AT車の場合はギアを自動で変速し、液体が絡むことでスピードが出るまでの時間が掛かってしまいます。

 このため、AT車はギアを変速してからスピードに変化が出づらく、エンジンブレーキが効くまでの時間が遅いとされています。

  • AT車の場合
  • エンジンブレーキが効くまでの時間が遅い

 一方、MT車の場合はギアを自分で変速させるため、直接スピードに影響してきます。

 このため、MT車はアクセルを踏み込むとスピードに変化が出やすいため、エンジンブレーキが効くまでの時間が早いことが分かります。

  • MT車の場合
  • エンジンブレーキの効くまでの時間が早い

 AT車とMT車はトランスミッションの違いがあり、エンジンブレーキが効くまでの時間も異なります。

 以上の内容を覚えておくことで、燃費を向上させることができるのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP