みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【定義や20ヶ条】防衛運転とは?

豆知識
追突したミニカー

 車を運転する上で起こりうる危険を意識して、安全運転を心掛ける防衛運転があります。

 この防衛運転について知らない方もいるのではないでしょうか?

 また、防衛運転には定義や20ヶ条が定められています。

 そこで今回は、防衛運転の定義や20ヶ条についてまとめてみました。

防衛運転とは?

 さて、防衛運転とは運転する上で起こりうる危険を意識することで、交通事故を未然に防ぐ運転方法です。

 交通事故は車を運転する上で、思わぬ原因で発生してしまいます。

 この交通事故は、安全確認の不足や交通違反を犯したことが原因とされています。

  • 安全確認の不足
  • 交通違反

 また、防衛運転で意識する内容としては、意思表示を伝えることが挙げられます。

 車を運転している際に横方向に移動しようと思った場合は、方向指示器を出して他車に明確な行動を伝える必要があります。

 このような意思表示を行わなければ、思わぬ事故が発生します。

 さらに、防衛運転で行うことの1つに安全確認があります。

 この安全確認は横方向に移動しようと思った際に、行動を移す前に他車がいないことを確認することです。

 この安全確認を怠ると、他車と衝突するなどの事故を招きます。

  • 意思表示
  • 安全確認

 このため、防衛運転を意識することで、事故を防げるのではないでしょうか。

 ここまでは防衛運転の原因や内容について説明しましたが、次の項目では定義や20ヶ条についてふれていきます。

定義や20ヶ条とは?

 では、防衛運転の定義や20ヶ条はどのような内容なのでしょうか?

定義

  • 危険の予想
  • 危険からの防衛対策
  • 瞬時に適切な行動

 防衛運転の定義としては、危険の予想が挙げられます。

 危険の予想とは、発生するかもしれない事態を予測した上で運転を行うことです。

 また、防衛運転の定義には危険からの防衛対策があります。

 この危険からの防衛対策とは、特定の危険に対しての適応する対応を取らなければ事故は防止できないとする考えです。

 さらに、防衛運転の定義としては、瞬時に適切な行動をとる事が挙げられます。

 この行動とは、予想した対処方法を考えていても、すぐに行動に移さなければ事故が防止できないことを表しています。

20ヶ条

 さて、防衛運転の20ヶ条とはどのようなことが定められているのでしょうか?

  • 子供を見たら不意に飛び出すと思う
  • 自転車に乗っている人を見たらよろけると思う
  • 交差点を通行するときは信号無視の人や車が通ると思う

 この20ヶ条からいくつか抜粋して紹介していきます。

 20ヶ条の中には、子供を見たら不意に飛び出すと思うという項目があります。

 この内容は、子供の近くを走行する際はスピードを下げて運転する事を表しています。

 また、自転車に乗っている人を見たらよろけると思うという項目もあります。

 この内容は、バランスを崩して倒れる危険性があることを呼び掛けています。

 さらに、交差点を通行するときは信号無視をする人や車が通ると思うということも挙げられます。

 この内容は、交差点を走行する際は青信号でも左右前後の確認をしなければならないという注意を促しています。

 上記の定義や20箇条を覚えておくことで、未然に事故を防げるかもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP