みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【メリットやデメリット】低床と高床トラックの違いは?

豆知識
トラックのイラスト

 トラックには、低床と高床という床の種類があります。

 この低床と高床トラックの違いや見分け方を知らない方もいるのではないでしょうか?

 また、低床と高床トラックのメリットやデメリットは何があるでしょうか?

 そこで今回は、低床と高床トラックの違いとメリットやデメリットについてまとめてみました。

違いや見分け方は?

 さて、低床と高床トラックは地面から荷台の床までの高さが違うトラックを指します。

 この低床と高床トラックには、違いや見分け方があります。

低床とは?

 低床トラックとは、運転席より低い位置に荷台が造られていて、床面地上高が低くなっています。

 このため、低床トラックは後輪のタイヤが小さくなっています。

  • 床面地上高が低い
  • 後輪のタイヤが小さい

高床とは?

 高床トラックとは、運転席と荷台の位置が平行に造られていて、床面地上高が高くなっています。

 また、高床トラックは前後輪が一緒のタイヤサイズです。

  • 床面地上高が高い
  • 前後輪一緒のタイヤサイズ

 上記により、低床と高床トラックは、床面地上高とタイヤのサイズが違うことが分かります。

見分け方は?

 低床と高床トラックを見分ける場合に、床面地上高で判断する場合は高さが型式やメーカーによって異なるため、非常に難しくなっています。

 このため、低床と高床トラックの見分け方として正しいのは、タイヤのサイズを見て判断することです。

 低床トラックは後輪のタイヤが小さく、高床トラックは前後輪一緒のタイヤサイズなので判断がしやすくなっています。

  • 床面地上高で見分ける場合は判断が難しい
  • タイヤのサイズを見て判断できる

 ここまでは低床と高床トラックの違いや見分け方について説明しましたが、次の項目ではメリットやデメリットについてふれていきます。

メリットやデメリットは?

 では、低床と高床トラックのメリットやデメリットは何があるでしょうか?

 低床と高床トラックを以下で比較してみました。

低床

 低床トラックのメリットは、地面から荷台までが低いことが挙げられます。

 このため、積み下ろし作業などの負担を軽減できます。

 また、低床トラックのデメリットとしては、タイヤが小さい分、振動が伝わりやすくなっています。

 このため、低床トラックは長時間にわたり走行していると疲労が溜まります。

 また、低床トラックは前後輪のサイズが違うので、スペアタイヤが2本必要となります。

  • メリット
  • 地面から荷台までが低い
  • 積み下ろしが容易
  • デメリット
  • タイヤが小さい分、振動が伝わりやすい
  • スペアタイヤが2本必要

高床

 高床トラックのメリットは タイヤが低床と比べて大きいため安定した走行が可能なことです。

 また、高床トラックはタイヤが大きい分、回転数が少なく済むので、ランニングコストの低減に繋がります。

 さらに、高床トラックのデメリットは、地面から荷台までが高いことが挙げられます。

 このため、積み下ろし作業の負担が増えます。

  • メリット
  • 安定した走行が可能
  • ランニングコストの低減
  • デメリット
  • 地面から荷台までが高い
  • 積み下ろしの負担が増える

 上記をふまえて、低床と高床トラックの違いやメリットとデメリットを理解しておくことで、用途に合ったタイプを選べるかもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP