みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【方法や回数】パッシングの意味とは?

豆知識
パッシングする車

 運転手同士のコミュニケーションであるパッシング。

 このパッシングが相手側から行われた際に、意味が分からなかった事はありませんか?

 また、パッシングは状況によってどのような意味を持つのか、気になりますよね。

 そこで今回は、パッシングの意味や方法などについてまとめてみました。

パッシングの意味とは?

 さて、パッシングとは、運転手同士のコミュニケーション方法の一つとして使われています。

 このパッシングは、自動車の運転中にヘッドライトを一時的に上向き(ハイビーム)に変更し、このライトを点灯させることにより相手に合図を行います。

  • 運転手同士のコミュニケーション
  • ハイビームを点灯させる

 また、パッシングの意味は、車の追い越し(パス)が行われるため、合流時に道を譲ってあげるという意思表示として使われることが多くなっています。

 上記の道を譲ってあげるという意思表示に加えて、道路状況によっては感謝の意志や、道を譲りたくない時、ライトが眩しい時、割り込み時などに対する警告や、近辺で取り締まりが行われている事を知らせる警告などにも使用されています。

  • 道を譲ってあげる時
  • 感謝の意志を伝える時
  • 道を譲って欲しい時
  • ライトが眩しい時
  • 割り込みへの警告
  • 取り締まりへの警告

 このため、使い方を間違えると、ドライバー同士のトラブルにも繋がってしまうことがあります。

 では、実際にパッシングを行う際は、どんな点に気をつけないといけないのでしょうか?

 次の項目は、パッシングのやり方や回数について、詳しく触れていきます。

パッシングのやり方や回数

 では、パッシングを実際に行う際は、どのような方法で行えば良いのでしょうか?

 合流時などで道を譲ってあげる場合は、ヘッドライトのレバーを2回から3回連続で操作を行ない、ライトを連続点灯させます。

 この操作を行うと、相手側に道を譲ってあげるという意志が伝わるはずです。

  • 道を譲ってあげる場合
  • 2回から3回ライトを点灯

 また、ライトの点灯回数が極端に多くなると、相手側から道を譲りたくないとも思われる場合があります。

 このような意味の捉え違いによって、ドライバー同士の傷害事件などトラブルが発生することもあるので、注意したいですよね…。

  • 意味が間違えられる場合
  • 点灯回数が極端に多い

 さらに、パッシングは街ごとによってローカルルールもあるので、場合によっては意味が通じないこともあります。

 このため、パッシングを多用しないことを意識していれば、相手側に誤解を与えることも少なくなるでしょう。

  • ローカルルールがある
  • 多用はしない方がよい

 以上のようなパッシングの意味や回数を覚えておけば、相手側から行われても慌てることが無くなるかも知れませんね。

関連記事

PAGE
TOP