みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【調整や故障】トラックのエアサスの仕組みは?

豆知識
トラックのエアサス

 トラックのエアサスとは、積荷の重さなどの変化に合わせて高さを変更できるシステムです。

 このエアサスの仕組みや構造について気になりますよね。

 また、エアサスの調整方法や故障した場合の対処は何が挙げられるでしょうか?

 そこで今回は、トラックのエアサスの構造と調整方法や故障についてまとめてみました。

仕組みや構造は?

 さて、トラックのエアサスとは、エアー・サスペンションの略で、積荷の重さなどによる車両の傾きや負担を抑えるサスペンション構造です。

 このエアサスの仕組みとしては、エアバッグの空気量によってスプリングを応用し、車高の高さを変更します。

  • エアの空気量によってスプリングを応用
  • 車高の高さを変更可能

 また、エアサスは荷崩れ、荷痛みを低減させる目的があり、振動に敏感な商品などを運搬できます。

 さらに、エアサスは数種類のパーツによって構造されています。

 このエアサスのパーツは以下が挙げられます。

  • エアバッグ
  • エアータンク
  • コンプレッサー
  • エアーメーター
  • スイッチボックス

 エアバッグはエアサスの中でも重要なパーツで、車両を支えるスプリングの役割があります。

 このエアバッグで空気量を調節することにより、車高変更を可能にしています。

 また、エアータンクは、エアーバッグに送る空気を予め溜めておくタンクを指します。

 エアータンクはエアーバッグに空気を供給するために設備する必要があります。

 さらに、コンプレッサーはエアバッグへ空気を送るために、エアータンクから空気を供給する役目があります。

 エアーメーターはエアーバッグとエアータンクの空気残量を示すゲージです。

 このエアーメーターは空気残量を把握するために必須のパーツとなっています。

 スイッチボックスは車高の調整ができるスイッチです。

 スイッチボックスの中には、スマートフォンと連動して操作ができるタイプもあります。

 ここまではエアサスの構造や仕組みについて説明してきましたが、次の項目では調整方法や故障についてふれていきます。

調整や故障は?

 では、トラックのエアサスの調整方法や故障は、どうしたらいいのでしょうか?

調整方法は?

 エアサスの調整方法としては、リモコンで調整できるスイッチボックスが主流となっています。

 また、エアサスの車高調整を行うことで、荷物の積み下ろしや傾斜地での運び出しが容易に行えるため、活用してみると良いかもしれませんね。

  • 荷物の積み下ろし
  • 傾斜地での運び出しも容易

故障の場合は?

 エアサスの故障の原因として過積載が考えられます。

 過積載とは、トラックごとに定められた最大積載量を上回る積荷を行うことを指します。

 このため、過積載を行うことで車体への負担が大きくなるため、エアサスが故障する可能性があります。

対処

  • セルフで解体して部品を交換する
  • 専門業者に修理を依頼する

 エアサスが故障してしまった場合の対処としては、セルフで解体して部品を交換する方法があります。

 このセルフで交換する方法は、自分で解体を行い部品を交換するための手間と時間が掛かってしまいます。

 また、トラックを解体する専門知識も必要になります。

 ただし、費用は部品代金のみで抑えられます。

 一方、エアサスが故障してしまった場合の対処に専門業者に修理を依頼する方法があります。

 この専門業者に依頼する方法は、自分で修理を行う手間と時間が省けますが、修理費用が掛かってしまいます。

対策

  • 過積載をしない

 トラックのエアサスの故障を防ぐ対策は、過積載をしないことが挙げられます。

 このため、車両ごとに定められた最大積載量を守ることで、エアサスへの負担も軽減されるでしょう。

 以上をふまえて、調整方法や故障した場合の対処を覚えておくと未然にトラブルを防げるかもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP