みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【対処や対策】シミー現象の原因とは?

豆知識
タイヤの調整

 自動車などの走行中に車輪全体が振動して、操縦が困難になるシミー現象というものがあります。

 このシミー現象の原因は、何があるのでしょうか?

 また、シミー現象の対処や対策はどのような方法が挙げられるでしょうか?

 そこで今回は、シミー現象の原因と対処や対策についてまとめてみました。

原因は?

 さて、自動車などの走行中に車輪全体が振動して、操縦が困難になる現象をシミー現象と言います。

 シミー現象は速度が80km以下の低速度走行時において発生しやすく、40km毎時から50km毎時で発生した場合は低速シミーと呼ばれます。

 また、シミー現象でも100km毎時から120km毎時で発生した場合は高速シミーという名称になります。

 このシミー現象の原因は、以下が挙げられます。

  • タイヤを交換した時
  • ホイールに雨水が溜まっている
  • タイヤの劣化による変形
  • 走行不足による車重の偏り

 シミー現象の原因として、タイヤを交換した時に発生する場合が多くなっています。

 このタイヤを交換したばかりに発生する理由としては、組み合わせなどに問題があることが考えられます。

 また、シミー現象の原因には、ホイールに雨水が溜まっていることにより、発生する場合もあります。

 このホイールに雨水が溜まるケースは雨が降った後に起こり、水が乾くと改善されます。

 さらに、シミー現象の原因としてタイヤの劣化による変形が考えられます。

 このタイヤの劣化による変形は、経年経過が大きく関係しています。

 また、長い間走行していない自動車なども、車重が偏ってしまっている場合があり、こちらもシミー現象の原因として挙げられます。

 上記でシミー現象の原因について説明しましたが、次の項目では対処や対策についてふれていきます。

対処や対策は?

 では、シミー現象の対処や対策は、どのような方法が挙げられるでしょうか?

対処

  • 整備工場で修理
  • タイヤの空気圧を確認

 シミー現象の対処としては、整備工場に依頼して修理する方法があります。

 この整備工場に依頼する方法は専門知識のある整備士に見てもらうことで、原因が早急に分かり、修理を行ってもらえることが挙げられます。

 また、整備工場に依頼する方法は自分で修理を行う手間が省ける分、費用が掛かります。

 さらに、シミー現象の対処としてはタイヤの空気圧を確認する方法があります。

 このタイヤの空気圧を確認する方法はエアゲージで測定することで、空気圧の調整が行えます。

対策

  • 定期的な点検
  • タイヤを交換する

 シミー現象の対策としては、定期的な点検が挙げられます。

 この定期的な点検は、カーショップやディーラーなどにタイヤを見てもらうことで、不備を早期に発見できます。

 また、シミー現象の対策としてタイヤを交換する方法が考えられます。

 このタイヤを交換する方法は、カーショップやディーラーに依頼する場合とセルフで取り換える場合に分けられます。

 カーショップやディーラーに依頼する場合は、自分で交換する手間が無くなりますが費用は掛かります。

 また、セルフで取り換える場合は、費用は掛かりませんが、自分で行う手間があります。

 シミー現象の原因と対処や対策を知っておくことで、事故などのトラブルを未然に防ぐことができるのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP