みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【自動車納税証明書を再発行したい…】必要な書類や手続きは?

書類
書類手続き

 車を所有している方なら、毎年必ず自動車税を納めていますよね。

 この自動車税を納めることで交付される自動車納税証明書は、車検時や所有している車両を買取してもらう時に必要になります。
 ただ、その自動車納税証明書を誤って紛失または、汚損してしまった場合、再発行を受けることは出来ますが必要な書類や流れまで把握している方は少ないのではないでしょうか?

 そこで今回は、自動車納税証明書の再発行に必要な書類や流れについて説明していきます。

自動車納税証明書とは?

 そもそも、自動車納税証明書とはどのような書類のことを言うのでしょうか?

 これは、自動車税の納税が正しく行われているかを証明するための書類で、毎年4月の下旬から5月の上旬にかけて、自身の居住地を管轄する自動車税事務所から自動車納税通知書と共に送られて来ます。

 この書類が手元に届き次第、最寄りの金融機関やコンビニで自動車税の支払いを済ませましょう。

 その際に、領収書として受け渡される物が「自動車納税証明書」になります。この自動車納税証明書は、車検や車の売買をする際に必要となるので、大切に保管しておきましょう。

自動車納税証明書の再発行方法は?

では、その自動車納税証明書を誤って紛失または、汚損してしまった場合、再発行をおこなう際にどのような書類が必要になるのでしょうか?

 以下に、再発行に必要な書類をまとめてみたので確認してみましょう。

※自動車納税証明書の再発行に必要な書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自身が車の使用者である事を証明する為の書類です。
    主に車のダッシュボードに保管されている事が多くなっています。
  • 印鑑
  • ほとんどの場合、印鑑の提出を求められる事はありません。ただし、地域によっては必要になる場合もあるので、準備しておくと良いでしょう。
  • 身分証明書
  • ほとんどの場合、身分証明書の提出を求められる事はありません。ただし、地域によっては必要になる場合もあるので、準備しておくと良いでしょう。

 以上、3点の書類等を準備しておくだけで自動車納税証明書の再発行を受けることが出来ます。

 再発行を行える場所は、各都道府県の税事務所か陸運局の近くにある自動車税事務所で行う事ができます。遠方の地域で手続きしたい場合は、発行を行いたい都道府県の自動車税事務所に連絡し、車検証のコピーと切手を貼った状態の返信用封筒を送れば、自動車税納税証明書が郵送されてきます。

 ただし、4/1以降に車の売買や引っ越しにより、他の都道府県にナンバーが変わり、次年度分の自動車納税期間までに車検を受ける場合は、転出前の都道府県が発行した自動車納税証明書が必要になります。

 また、納税後の車検時に紛失に気づいた場合は、車検業者が再発行手続きを行ってくれる場合もあるそうです。

 自動車納税証明書を紛失してしまうと、車の名義変更や車検を通す事が出来なくなってしまいます。そのため、紛失または汚損した場合は早めに再発行を行い、大切に保管しておきましょう。

関連記事

PAGE
TOP