みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【巻き込みなど】トラックの左折のコツは?

豆知識
トラックの左折

 トラックを運転している際に行う左折。

 このトラックで左折を行う際に、巻き込み事故は頻繁に起こっています。

 また、左折時の巻き込みの原因や左折のコツはどのようなことが挙げられるでしょうか?

 そこで今回は、左折をする際のコツや、巻き込みの原因についてまとめてみました。

巻き込みの原因は?

 さて、左折時の巻き込み事故とは、どのようなことが原因なのでしょうか?

  • 左折時の目視が足りない
  • サイドミラーの調整が不適切
  • 助手席の窓の前に物などを置かない

 左折持の巻き込み事故の原因として、曲がる時の目視が足りないことが挙げられます。

 この左折時の目視が足りないと、歩行者やバイクの飛び出しを見落とす場合があります。

 また、左折持の巻き込み事故の原因で、サイドミラーの調整が不適切なことが考えられます。

 このサイドミラーの調整が不適切であると、左側の位置に死角ができるために対象物が見えないなどのトラブルが起き、思わぬ事故を引き起こす可能性があります。

 さらに、左折持の巻き込み事故の原因の一つに、助手席の窓の前に物などを置いている場合が考えられます。

 この助手席の窓の前に物などを置く行為は、視界を遮ってしまうのでミラーが見えづらくなる恐れがあります。

 左折時の巻き込みの原因は、目視やミラーの調整を始めとした運転時のマナーが関係しています。

 ここまでは左折時の巻き込みの原因について説明してきましたが、次の項目ではコツについてふれていきます。

左折時のコツは?

 では、トラックの左折時のコツは、どのようなことが挙げられるでしょうか?

  • 内輪差を考える
  • オーバーハングを意識する
  • 曲がる前に減速、徐行

 左折時のコツとしては、内輪差を考えて曲がることが挙げられます。

 この内輪差とは、ホイールベースの長さが長いほど、曲がる際のスピードやハンドルの切る角度によって、後輪の中心から前の車体が左内側へ大きく寄る現象です。

 このため、内輪差を意識して周りを確認しながらゆっくりハンドルを切ることにより、巻き込み事故を防ぐとともに、左折をスムーズに行うことができます。

 また、左折時のコツにオーバーハングを意識することもあります。

 オーバーハングとは、車体の内側に巻き込む内輪差に対して外側へ押し出す現象を指します。

 このため、オーバーハングを意識して、左折時はハンドルを切る方向と反対側の最後部を確認しながらゆっくりと車両を直進させてハンドルを切ります。

 オーバーハングを意識することにより、安全運転と車体の最後部のハミ出しを確認することが可能です。

 さらに、左折時に減速、または徐行をするコツもあります。

 左折を行う際にスピードを出したまま曲がる方もいるかもしれませんが、ミラーや目視で確認したからといって死角からの飛び出しも考えられます。

 このため、左折時は減速や徐行を行い、スピードを極力下げた上で曲がると、突然の飛び出しなどにも対応することができます。

 トラックの左折時の巻き込みの原因やコツについて、理解しておくと事故などを防げるかもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP