みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【対処や対策】車のアイドリングが不安定な原因は?

豆知識
車から白煙

 車のエンジンが止まらないように、少しづつガソリン使って車を動かすことをアイドリングと呼びます。

 このアイドリングが不安定で困っている方もいるのではないでしょうか?

 また、アイドリングが不安定になる原因はどのようなことが関係しているのでしょうか?

 そこで今回は、アイドリングが不安定な原因と対処や対策についてまとめてみました。

不安定な原因は?

 さて、車のアイドリングが不安定な原因とは何があるのでしょうか?

 アイドリングが不安定な原因は、以下が挙げられます。

  • 粗悪なガソリンを入れた
  • エンジン内部の汚れ
  • バッテリーの充電不足

 アイドリングが不安定になる原因として、粗悪なガソリンを入れた場合があります。

 この粗悪なガソリンとは、オイルや灯油などが混合されている比較的安価なガソリンのことを指します。

 また、エンジン内部の汚れも関係しています。

 これは、エンジン内部の汚れによって、吸気バルブにガソリンの燃えカスが溜まってしまうことを指します。

 さらに、バッテリーの充電不足が挙げられます。

 バッテリーには寿命があり、2年から5年の間交換を行っていないと充電に必要な回転数に達しないことがあります。

 このアイドリングが不安定だと分かる原因が出始めたら、気になるのが症状ですよね。

 アイドリングが不安定なことに気づく症状として、以下が挙げられます。

  • 車のエンジン回転数が上下して安定性がない
  • エンストしてしまうことがある

 アイドリングが正常な状態であれば一定の回転数を保っていますが、エンジンに何らかの問題が発生すると、この回転数が上下してしまいます。

 このため、エンジンの回転数が上下すると、エンストなどの症状が現れたりします。

 ここまではアイドリングが不安定な原因と症状について説明してきましたが、次の項目では対処や対策についてふれていきます。

対処や対策は?

 では、アイドリングが不安定な場合の対処や対策はどのようなことが挙げられるでしょうか?

対処は?

  • ガソリンの種類を変える
  • カーショップなどに相談する
  • 分解して清掃する

 まず、アイドリングが不安定な場合の対処は、ガソリンの種類を変える方法があります。

 ガソリンの種類を変える方法は、故障の原因となるオイルや灯油などが混合されている粗悪なガソリンを車から取り除くことに繋がります。

 また、アイドリングが不安定な場合の対処に、カーショップなどに相談する方法があります。

 このカーショップなどに相談する方法は専門的な知識のある整備士のスタッフに見てもらえるので、不備が発見されやすく、そのまま修理に出すことが可能です。

 さらに、アイドリング対処の別の方法としては、車を分解して清掃することが挙げられます。

 車を分解して清掃する場合は、部品の一つ一つを取り出し、エンジン内部の汚れを落とします。

 このため、手間と時間が掛かることと、車に関する知識が必要になるので注意してください。

対策は?

  • 定期的にエンジンルームなどのメンテナンス
  • 期間を決めて部品や消耗品の交換を行う

 アイドリングが不安定な場合の対策は、定期的にエンジンルームなどのメンテナンスを行うことが挙げられます。

 このメンテナンスは、車の汚れやオイル漏れなどの不備がないかを確認するための作業で、定期的に行うことでトラブルを防ぐことができます。

 また、定期的なメンテナンスは、カーショップへの依頼も可能です。

 さらに、アイドリングが不安定な場合の対策で、期間を決めて部品や消耗品の交換を行う方法もあります。

 この部品や消耗品の交換とは、エンジンルームの燃料エレメントやエアークリーナーで、使用年数によって正常に機能しなくなる場合があります。

 このため、期間を決めて部品や消耗品を交換することで、故障を防げるのではないでしょうか?

 アイドリングが不安定な原因と対処や対策を理解しておくと、トラブルを防げるかもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP