みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【対処や対策】ガソリンが腐る期間は?

豆知識
ガソリンの注入

 自動車のエンジンを動かすために必要なガソリン。

 このガソリンは一定期間が経つと腐ると言われています。

 また、ガソリンが腐る場合の対処や対策はあるのでしょうか?

 そこで今回は、ガソリンが腐る原因と対処や対策についてまとめてみました。

腐る原因は?

 さて、ガソリンが腐るとは、どういうことなのでしょうか?

 ガソリンが腐る仕組みは、雑菌の繁殖による腐敗ではなく、揮発分の蒸発による低揮発成分の残留とその酸化が関係しています。

 このようなガソリンが腐る原因は、以下が挙げられます。

  • 空気との接触
  • 一定期間が経過している

 ガソリンが腐る原因は、空気との接触が関連しています。

 このガソリンが空気に接触すると、蒸発と酸化の進行が進んでいきます。

 さらに、ガソリンは一定期間が経つと蒸発や酸化も発生します。

 また、ガソリンが腐るとされている期間は、以下のような期間になります。

  • 車のタンクで約3ヶ月
  • 温度変化の少ない場所で容器に入れて約6ヶ月

 ガソリンの腐るとされている期間は、車のタンクに入れた状態では約3ヶ月です。

 また、温度変化の少ない場所で容器に入れて保存している場合は、約6ヶ月と言われています。

 さらに、ガソリンが腐ったと判断する症状としては、臭いの変化が現れます。

 ガソリンの臭いは、刺激臭が強い独特な臭いなため、腐っていることに気づきやすくなっています。

 ここまではガソリンの腐る原因と期間を説明してきましたが、次の項目では対処や対策についてふれていきます。

対処や対策は?

 では、対処や対策はどのようなことが挙げられるでしょうか?

対処

 ガソリンが腐ってしまった場合の対処は、以下が挙げられます。

  • ガソリンを破棄する

 ガソリンが腐ってしまった際は、使用することができないため、破棄する必要があります。

 また、ガソリンを車のタンクから破棄する際はスポイトなどの道具で、抜き取れます。

 さらに、抜き取ったガソリンは、ガソリンスタンドで引き取ってもらうことが可能です。

 このガソリンスタンドに引き取ってもらう際の費用は、無料の場合が多くなっています。

対策

 また、ガソリンを腐らせないための対策は、3つの方法が挙げられます。

  • 空気との接触を避ける
  • 直射日光の当たらない、温度変化の少ない場所に保管
  • 期間を考えて使用する

 ガソリンを腐らせないための対策は、空気との接触を避けることが挙げられます。

 このガソリンは空気にふれることで蒸発と酸化を引き起こすため、容器などに入れて保存している場合は、蓋の部分をガムテープなどで止めて密封状態にすると良いでしょう。

 さらに、ガソリンを保管する際は、直射日光の当たらない場所、温度変化の少ない場所に置いておくと腐りづらくなります。

 また、ガソリンの腐らない期間はおおよそ決まっているので、3ヶ月で使い切りましょう。

 このガソリンを容器に入れて保管する場合は、約6ヶ月は腐らず置いておけるので、期間を覚えておきましょう。

 ガソリンが腐る期間と対処や対策を覚えておけば、いざという時も困ることはなくなるかもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP