みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【超過や罰金】パーキングメーターの使い方は?

法律・制度
パーキングメーターと車

 車を停車する際に利用する、パーキングメーター。

 このパーキングメーターの使い方を知らない方もいるのではないでしょうか?

 また、パーキングメーターの超過や罰金がどれくらいなのか気になりますよね。

 そこで今回は、パーキングメーターの使い方と超過や罰金についてまとめてみました。

使い方は?

 さて、パーキングメーターとは、どういった機械でしょうか?

 パーキングメーターは繁華街や公園を始めとした路上などに設置されている、駐車の権利を提供する機械です。

  • 繁華街
  • 公園

 このパーキングメーターは、決められた手数料を支払うと車の停車ができるシステムを備えています。

 また、パーキングメーターを利用する際の手順は、以下のようになります。

  • 車を駐車するとランプが赤く点滅し始める
  • 機械に手数料を支払う
  • ランプが消える
  • 駐車時間は60分

 パーキングメーターを利用する際の手順は、駐車するところから始まります。

 このパーキングメーターに駐車が完了するとランプが赤に点滅し始めます。

 この次に、パーキングメーターの機械に手数料を支払うことで、赤く点滅していたランプが消えます。

 パーキングメーターの駐車時間は60分になります。

 また、パーキングメーターの使用方法は、道路交通法49条3号の4項で定められています。

  • 車両の運転者は、時間制限駐車区間において車両を駐車したときは、政令で定めるところにより、第49条第1項のパーキング・メーターを直ちに作動させ、又は同項のパーキング・チケット発給設備によりパーキング・チケットの発給を直ちに受けて、これを当該車両が駐車している間(当該パーキング・チケットの発給を受けた時から道路標識等により表示されている時間を経過する時までの間に限る。)、当該車両の前面の見やすい箇所に掲示しなければならない。

 上記の文を簡潔に説明すると、パーキングメーターを利用する際は駐車した直後に料金を支払い、機械を作動させることが決まっています。

 このため、パーキングメーターを利用する場合は、早急に手数料を支払うようにしましょう。

 ここまではパーキングメーターの使い方を説明しましたが、次の項目では超過や罰金についてふれていきます。

超過や罰金は?

 では、パーキングメーターの超過や罰金はどうなっているのでしょうか?

 パーキングメーターの超過とは、駐車時間の60分を超えてしまうことです。

 また、パーキングメーターには説諭基準が存在します。

 このパーキングメーターの説諭基準は、駐車時間の60分を過ぎてしまった場合に罰せられない可能性がある猶予の時間です。

 パーキングメーターの説諭基準は、以下のようになります。

  • 60分を過ぎても罰せられない可能性
  • 15分程度の猶予時間がある

 このため、パーキングメーターの駐車時間は75分までは猶予の時間があるとされています。

 とはいえ、パーキングメーターの超過は警察によって違うので、駐車時間の60分を過ぎてすぐ取り締まる場合もあるため、時間を守るように心掛けましょう。

罰金は?

 パーキングメーターの罰金は、駐車時間の60分を過ぎた場合に適用される場合があります。

 このパーキングメーターの罰金は、駐車を行ってはいけない場所に止めたとされる駐停車違反に該当します。

 このため、パーキングメーターの超過による罰金と違反点数は以下のようになります。

  • 罰金 10,000円
  • 違反点数 1点

 また、パーキングメーターの罰金用振込用紙は、後日自宅に届くので納金する必要があります。

 パーキングメーターは駐車時間の超過によって罰金になるため、時間を守って駐車しましょう。

関連記事

PAGE
TOP