みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【方法やコツ】免許更新の視力検査に落ちるとどうなるの?

豆知識
視力の確認

 免許の更新時には視力検査という項目があります。

 この視力検査は、車を安全に運転できるかを判断するために実施されます。

 また、視力検査に落ちるとどうなるか気になりますよね?

 さらに、視力検査を行う前に視力が良くなる方法やコツがあるのを知っていますか?

 そこで今回は、免許更新の視力検査に落ちるとどうなるかと、視力が良くなる方法やコツについてまとめてみました。

落ちるとどうなるの?

 さて、免許更新の視力検査は、車を安全に運転できるかを判断するために実施されています。

 この視力検査で定められた基準に満たない場合は、視力検査に合格できません。

 また、視力検査の基準は取得免許によって異なります。

 免許更新の視力検査の基準は、以下が挙げられます。

  • 原付・小型特殊
  • 片目 0.5以上で視野左右150度以上
  • 両目 0.5以上
  • 普通第一種・中型第一種(8t限定中型)・二輪・大型特殊
  • 片目 0.7以上かつ、視野左右150度以上
  • 両目 0.7以上(左右それぞれの目が0.3以上)
  • 大型第一種・中型第一種(限定なし)・けん引・第二種
  • 片目 左右どちらかの目が0.5未満の場合は不合格
  • 両目 0.8以上(左右それぞれの目が0.5以上)

 また、視力検査に落ちてしまった場合は、落ちた日に時間を空けて受け直したり、コンタクトや眼鏡を用意すれば、再検査を受けることが可能です。

  • 落ちた日に時間を空けて受け直す
  • コンタクトやメガネを用意して後日受け直す

 この落ちてしまった場合の再検査は、回数が定められていないので何回でも受けることができます。

 ただし、免許には有効期限があるので、期限を過ぎないように注意してください。

 免許の有効期限を過ぎてしまった場合は、6ヶ月以内に申請の手続きをして再検査に合格すれば再取得が可能です。

  • 6ヶ月以内に申請の手続き
  • 再検査に合格すれば再取得が可能

 さらに、視力検査に落ちた際は、更新に支払った証紙なども返却されるため、費用を無駄に支払うことはありません。

 免許更新の視力検査に落ちた場合は、再検査を何回でも受けることができるのを覚えておいてください。

方法やコツは?

 では、免許更新の視力検査で、視力が良くなる方法やコツはどのようなものがあるでしょうか?

 視力検査で視力が良くなる方法やコツは、以下が挙げられます。

  • 瞬きを繰り返す
  • 目に効くツボを押す
  • 遠くのものを見る

 視力を良くする方法としては、瞬きを繰り返すという事が挙げられます。

 この瞬きを繰り返し行うことで目の筋肉の血行が良くなり、一時的に視力が回復するとされています。

 また、視力が良くなる別の方法では、目に効くツボを押すことが挙げられます。

 目に効くツボは目頭にある清明というところで、親指と人差し指を使い、つまむようにして押すと効果的だと言われています。

 さらに、視力を良くするコツでは、遠くのものを見るという方法があります。

 このような遠くのものを見るという行為も、一時的な視力回復法として知られています。

 このため、外の景色を5分から10分程度眺めるだけでも視力が回復するかもしれませんね。

 免許更新の視力検査を受ける前や再検査の際は、以上の方法とコツを実践することで視力を良くすることができるのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP