みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【罰金や距離】追い越し車線を走行し続けたら違反になるの?

法律・制度
追い越し車線にトラック

 車の運転をする際に使用する追い越し車線。

 この追い越し車線は、一般道路や高速道路で違いがあるのでしょうか?

 また、追い越し車線を走行し続けた場合は、罰金などが発生するのでしょうか?

 そこで今回は、追い越し車線を走行した際の罰金や距離についてまとめてみました。

追い越し車線とは?

 さて、追い越し車線は最右端にある車線のことで、前を走行している車両を追い越すために使用します。

 また、日本の道路は左側通行のため、最右端の車線は追越しや右折、道路の分岐または合流、特別な標識による指示がある場合のみ通行ができます。

 この内容は道路交通法第20条1号で定められています。

  • 道路交通法第20条1号
  • 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に3以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。

 また、追い越しが終わった車両は、速やかに左側の車線に移動しなければなりません。

追い越し車線を使用して良い場合

 追い越し車線を使用して良い場合には、道路交通法第20条3号に記載されている決まりがあります。

  • 道路交通法第20条3号
  • 車両は、追越しをするとき、第25条第1項若しくは第2項若しくは第34条第1項から第5項までの規定により道路の左側端、中央若しくは右側端に寄るとき、第35条第1項の規定に従い通行するとき、第26条の2第3項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第40条第2項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前2項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。

 追い越し車線を使用して良い場合の決まりとしては、前車の追い越しを行う時に使用ができます。

 さらに、緊急車両に道を譲る場合と、事故や混雑などで交通状況がやむを得ない場合に利用することが可能です。

  • 追い越しを行う
  • 緊急車両などに道を譲る際
  • 道路の交通状況などでやむを得ない場合

 ちなみに、一般道路や高速道路の追い越し車線を走行し続けたら、罰せられることがあります。

 この一般道路や高速道路の違反については、次の項目でふれていきます。

追い越し車線の罰金や距離は?

 では、追い越し車線の罰金や距離はどのようになっているのでしょうか?

 追い越し車線を走行し続けた場合は、通行帯違反となり罰せられます。

  • 普通自動車
  • 罰金 6,000円
  • 違反点数 1点
  • 大型自動車
  • 罰金 7,000円
  • 違反点数 1点

 追い越し車線を走行し続けた際の罰金は、普通自動車で6000円となり、大型自動車で7000円となります。

 また、罰金と同時に違反点数として1点の減点があります。

追い越し車線の距離

 また、追い越し車線を走り続けて罰せられる距離は2kmです。

 このため、追い越しのあとに左側の走行車線が空いている場合は、戻るようにしましょう。

 ちなみに、場所によっては追い越し禁止の標識があり、この標識がある区間で追い越しをした場合は罰則の対象になります。

  • 追い越し違反
  • 罰金 9,000円
  • 違反点数 2点

 追い越し違反の罰金は、9000円で違反点数は2点なので、標識を見掛けたら気をつけるようにしましょう。

一般道路や高速道路の違反の違い

 一般道路や高速道路で追い越し車線を走行し続けた場合はどちらも違反ですが、一般道では右折や追越し車線を活用しないと渋滞が起こると判断されることがあり、取り締まれないケースもあります。

 追い越し車線を走行し続けた場合は基本的に違反となるので、罰金や距離に注意してマナーを守った運転を心掛けてみましょう。

関連記事

PAGE
TOP