みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【大安や先負】納車日は吉日が良いのか?

豆知識
六曜の図

 車を新たに購入した場合に納入を行う納車日ですが、この納車は縁起の良い日に行えば良いのでしょうか?

 また、納車日にかかる時間も気になりますよね。

 そこで今回は、納車を行うべき吉日と時間などについてまとめてみました。

納車日は吉日の方が良いの?

 さて、車の納車日は吉日が良いのでしょうか?

 吉日とは、縁起の良い日で祝い事や何かをするのに適している日とされていて、これらの日は六曜と呼ばれています。

 この六曜については以下のような種類が挙げられます。

  • 先勝
  • 先んずれば即ち勝つの意味で、かつては速喜、即吉も書かれていました。万事に急ぐことが良いとされています。
  • 友引
  • 凶事に友を引くの意味で、かつては勝負なき日と知るべしといわれていて、勝負事で何事も引き分けになる日で共引とされており、現在のような意味はありませんでした。
  • 先負
  • 先んずれば即ち負けるの意味で、かつては小吉、周吉と書かれ吉日とされていましたが、字面につられて現在のような解釈がされるようになりました。
  • 仏滅
  • 仏も滅するような大凶日の意味で、元は空亡、虚亡と言っていましたが、これを全てが虚しいと解釈して物滅と呼ぶようになり、これに近年になって仏の字が当てられました。
  • 大安
  • 大いに安しの意味で、六曜の中で最も吉の日とされています。何事においても吉、成功しないことはない日とされ、特に婚礼は大安の日に行われることが多いです。
  • 赤口
  • 陰陽道の赤舌日という凶日に由来しています。六曜の中では唯一名称が変わっていなくて、午の刻のみ吉で、それ以外は凶とされています。

 車の納車日としては、最も吉日と言われている大安を選ぶ方が多いみたいです。

 納車日として良いとされている日付は以下のようになります。

  • 1位
  • 大安
  • 2位
  • 先勝

 また、先負は縁起が良くないと言われていて、納車日に選ぶ方は少なくなっています。

 さらに、納車日を吉日に変更することも可能ですが、ディーラーの都合によっては断られる場合もあります。

 納車日は吉日が良いとされていますが、これは縁起を気にするかによって変わってくるみたいですね。

納車までの時間は?

 では、車を納車するまでの時間はどれくらい掛かるでしょうか?

 納車までの時間は、自動車の登録に必要な書類の発行までの期間が大きく関係しています。

 この自動車の登録をしなければ、運行してはならないことになっています。

 自動車の登録までの流れは以下のようになります。

  • 車庫証明申請
  • 発行まで3日~5日
  • 印鑑証明書などの公的書類の収集
  • 発行まで1日
  • 陸運局での登録
  • 登録まで1日

 納車までの時間としては、自動車が登録されるまでで5日から7日程度で、実際に届くのは14日から21日程度の時間が掛かります。

在庫車の納車時間は?

 在庫車とは、納入を短くするためにお客の注文を受ける前にディーラー側が事前に注文しておく車のことです。

 このため、ナンバー登録がすでに行われている新古車とは異なり、全くの新車にあたります。

 在庫車は、すでに自動車が完成しているため、納車までの時間は短めになっています。

 この場合は、実際に納車されるまで10日から14日程度の時間が掛かります。

 車の納車までの時間が掛かるというよりも、必要書類の準備や用意に時間を要します。

  • 納車までの期間10日~14日
  • 必要書類の準備や用意に時間が必要

関連記事

PAGE
TOP