みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【積載量や施行日】準中型免許とは?

資格・免許
免許と人の画像

 運転免許証の種類として新たに新設されることが決まった準中型免許。

 この準中型免許のことを知らない方も多いのではないでしょうか?

 また、準中型免許には積載量などが明確に定められています。

 そこで今回は、準中型免許の積載量や施行日についてまとめてみました。

準中型免許の積載量は?

 さて、準中型免許とはどのようなものなのでしょうか?

 準中型免許は自動車の免許制度で、中型貨物自動車などに限定した新区分として新設されます。

 また、現行の中型免許の取得条件は、20歳以上で普通免許保有が2年以上の場合となりますが、新たな準中型免許は18歳以上で普通免許の経験がなくても取得が可能です。

  • 中型免許
  • 20歳以上で普通免許保有が2年以上の場合
  • 準中型免許
  • 18歳以上で普通免許の経験がなくても取得が可能

 このような準中型免許により運送事業者の高校新卒者雇用が促進され、ドライバーの確保が見込まれています。

 また、準中型免許には最大積載量、車両総重量、乗車定員が定められています。

 この準中型免許を他の免許と比較すると以下のようになります。

  • 普通免許
  • 最大積載量 2.0t未満
  • 車両総重量 3.5t未満
  • 乗車定員 10人以下
  • 準中型免許
  • 最大積載量 3t~5t未満
  • 車両総重量 3.5t~7.5t未満
  • 乗車定員 10人以下
  • 中型(8t限定)
  • 最大積載量 3t未満
  • 車両総重量 7.5t未満
  • 乗車定員 10人以下
  • 中型免許
  • 最大積載量 5t~6.5t未満
  • 車両総重量 7.5t~11t未満
  • 乗車定員 29人以下
  • 大型免許
  • 最大積載量 6.5t以上
  • 車両総重量 11t以上
  • 乗車定員 30人以上

 また、普通免許と準中型免許の間に、今後5t限定免許が新設されることが予想されています。

 準中型免許には最大積載量、車両総重量、乗車定員が細かく定められているので取得する前に確認しておくと良いかもしれませんね。

 このように準中型免許の積載量を説明しましたが、次の項目ではいつから施行されるのかと取得費用についてふれていきます。

いつから取れるの?

 では、準中型免許はいつから取得することが可能なのでしょうか?

 準中型免許は2017年6月17日から施行されることが決まっています。

 このため、準中型免許の取得は6月17日以降から可能になります。

取得費用は?

 さらに、準中型免許を取得するための費用は、約20万円から30万円程度掛かります。

 また、準中型免許の費用は、取得方法によっても金額に差が出てきます。

 準中型免許の取得方法としては、二つの種類に分けられます。

  • 教習所などに通い取得
  • 教習所に合宿して取得

 まず、通いの場合は、準中型免許の教習を行う教習所で取得できます。

 この通いで免許を取得するには、日程を決めて定期的に講習を受ける必要があります。

 また、通いで免許を取得する費用は、教習所の場所や季節によっても変わってきます。

  • 通いの場合
  • 費用 22万円~25万円
  • 期間 1ヶ月~1ヶ月半

 さらに、合宿で免許を取得する場合は、地方や遠方の教習所に泊りがけで取得します。

 このため、合宿で免許を取得する際は、3週間から1ヶ月ほどのまとまった休みが必要になります。

 この合宿で免許を取得する費用は、教習所のプランなどによっても変わりますが、一般的には宿舎や食事代が含まれているところが多くなっています。

  • 合宿の場合
  • 費用 約20万円~30万円
  • 期間 3週間~1ヶ月

 以上の積載量や施行日などを覚えれば、準中型免許について詳しくなれるのではないでしょうか?

関連記事

PAGE
TOP