みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【所有者と使用者が違う…】トラック買取には何の書類が必要?

書類
書類

 古くなった車両を買取に出す際、車検証の有無や内容を確認しますよね。

 実は、その時に車検証に記載されている所有者と使用者が同一でない場合、車を買取に出せない事があるんです。
 例えば、子供が父親から車を譲りうけた場合は、所有者の名義が父親の名前、使用者の名義が子供の名前という様に、車検証の所有者と使用者が違うために通常の手続きでは買取に出せない事になります。

 では、そんな時どのような手続きを行えば、買取に出すことが出来るのでしょうか?

車の所有者と使用者とは?

 車検証には「所有者」と「使用者」2つの欄がありますが、これら名義にはどのような違いがあるのでしょうか。

  • 所有者とは
  • 所有者とは、その車の所有権を有している個人、または会社の事を指します。
    父親から車を譲りうけた場合に、名義変更を行っていなければ所有者の名義は父親のままという事になります。
    そのため、所有者の名義が父親のままだと、勝手に売買する事が出来ません。

  • 使用者とは
  • 使用者とは、所有権とは別に、その車の使用の権利を有している人の事を指します。
    使用者に登録されている場合、車庫証明や車検の取得、自動車税の支払いなど、これら項目が使用者の義務となります。

買取時に必要となる書類は?

 では、車検証の所有者と使用者が異なる場合、車を買取に出す事は出来ないのでしょうか?

 実は、所有者と使用者が違う場合でも、所有者の委任状等があれば買取に出すことが可能となっています。その場合は、所有者に車の売却を行う事を事前に確認しておきましょう。

 また、買取店によっては、本人確認の連絡を所有者に行う場合もあるそうです。そのため、所有者の方にも連絡が取れる環境を整えた上で、買取に出した方が良いでしょう。

 なお、所有者と使用者が違う場合の、買取時に必要となる書類は以下になります。

※買取時に必要となる書類

  • 印鑑証明書
  • 所有者の実印を証明する為に必要となる書類です。
    この印鑑証明書が無いと、書類に押された実印が所有者のものと見なされない場合があります。

  • 委任状
  • 使用者が所有者の許可を得た事を証明する書類となります。
    所有者の実印が押されたものが必要になります。

  • 譲渡証明書
  • 委任状と同じく、使用者が所有者の許可を得た事を証明する書類となります。
    所有者の実印が押されたものが必要になります。

  • 自動車納税証明書
  • 使用者が自動車税を納めた事を証明する為の書類となります。
    主に車のダッシュボードに保管されている事が多くなっています。

  • リサイクル券
  • 車を廃車にする際、必要となる券です。
    売却した車が廃車にならない場合は、買取時に預託金が返却される事になります。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自身が車の使用者である事を証明する為の書類です。
    所有者と使用者の欄がそれぞれ違う事を確認する為にも必要となります。

  • 自賠責保険証明書
  • 強制保険である自賠責保険に加入している事を証明する為の書類です。
    こちらも車検証と一緒に、車のダッシュボードに保管されている事が多くなっています。

所有者と使用者が違う場合に必要な書類は以上のようになっています。

 買取に出す際は、これらの書類を事前に用意しておくことで、手続きをスムーズに進める事ができます。また、買取時に所有者と連絡が取れる様にしておくと、急な確認事項が発生した場合に対応する事ができるので、事前に連絡しておくことをおすすめします。

関連記事

PAGE
TOP