みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【色や速度】オービスが光ったらどうなるの?

豆知識
オービスの写真

 一般道や高速道路には、自動速度取締機のオービスというものがあるのを知っていますか?

 このオービスは、速度超過した車を発見すると、取りつけられたカメラで運転手とナンバープレートの撮影を行います。

 このような車両の撮影を行う際は、強い光りを放ちます。

 そこで今回は、オービスの光りの意味や速度超過についてまとめてみました。

オービスの光りの意味は?

 さて、オービスとは速度制限のある道路上で大幅に速度超過した車両に対して、取りつけられたカメラで運転者とナンバープレートの撮影を行います。

 このオービスが撮影を行う際の光る色としては、赤色と白色があり、速度超過した運転手に違反したことを知らせるために強い光を放ちます。

 また、オービスにはいくつかの種類があり、以下が挙げられます。

  • レーダー式
  • 道路上のアーチに測定用アンテナが設置してあり、 そこからの周波数の電波を使って測定します。
  • Hシステム
  • レーダを利用して測定し、デジタルカメラで撮影され、撮影された写真データは即座に最寄の警察へ転送される仕組みとなっています。
  • ループコイル
  • 道路の中にループコイルが埋められており、その上を通過する車の磁界によって速度を測定し、規定の速度超過した車に対して検挙します。
  • LHシステム
  • CCDカメラによる撮影方式に加え、ループコイルによる測定方法を採用しています。

 また、オービスの光り方は、昼と夜で比較すると違いがあり、このオービスの光り方については、以下のように分けられます。

  • 昼間は太陽光で光は見えづらい
  • オービスが設置してある場所を確認しやすい
  • 夜間はオービスが設置してある場所は確認しづらい
  • オービスの光は確認しやすい

 昼の場合は、オービスが設置してある場所を確認しやすいですが、光りは太陽光などで見えづらいことがあります。

 一方、夜の場合は、オービスが設置してある場所を確認しづらいですが、暗い分、光はすぐ認識できます。

オービスはどれくらいの速度超過で光るの?

 では、オービスはどのくらいの速度超過で光るのでしょうか?

 このオービスは、一般的に30~50kmの速度超過で光ると言われています。

 オービスに撮影された場合の速度超過による違反点数と、罰則は以下のようになります。

  • 一般道路(30km~50km)
  • 違反点数 6点(免許停止)
  • 一般道路(50km~)
  • 違反点数 12点(免許取消)
  • 高速道路(40km~50km)
  • 違反点数 6点(免許停止)
  • 高速道路(50km~)
  • 違反点数 12点(免許取消)

 オービスの違反点数としては、一般道で30kmから50kmの速度超過だと違反点数は6点で、50km以上の速度超過だと違反点数が12点で免許取消になります。

 また、高速道路では、40kmから50kmの速度超過で免許停止となり、50km以上の速度超過の場合は、違反点数が12点になるので免許取消になります。

 オービスが光り速度超過と判断された場合は、30日以内に管轄する警察から出頭通知が送られてくるので、警察署に出向いて罰金を支払う必要があります

 また、速度超過による罰金の金額は、超過した数字によって変わってきます。

  • 30km~40kmm
  • 罰金 5万~7万円
  • 40km~50km
  • 罰金 6万~8万円
  • 50km~
  • 罰金 8万~9万円

 上項の説明により、オービスの光りの意味と速度超過についてふれてきましたが、違反にならないために、安全運転を心掛けたいですよね。

関連記事

PAGE
TOP