みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【仕事や費用】大型特殊免許の取得条件とは?

資格・免許
クレーン車の画像

 特殊な形状の大型特殊自動車を運転する際に、必要な資格である大型特殊免許。

 この大型特殊免許を取得するには、いくつかの条件があります。

 取得を考えている方は、事前に知っておきたいですよね。

 そこで今回は、大型特殊免許の取得条件や費用についてまとめてみました。

大型特殊免許の取得条件とは?

 大型特殊免許とは、国土交通大臣の指定する構造のカタピラを有するもの、及び特殊な構造を有する大型特殊自動車を運転するための資格になります。

 そんな大型特殊自動車を運転するために必要な大型特殊免許には、取得条件がいくつかあります。

 この取得条件は、以下を満たしていなければなりません。

  • 年齢
  • 満年齢が18歳以上
  • 視力
  • 両眼で0.7以上、片眼で0.3以上、視野が150°以上
  • 聴力
  • 10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえること
  • 学力
  • 読み書きができ、その内容を理解できること
  • 運動能力
  • 自動車の運転に支障をきたす身体障害がないこと

 大型特殊免許の取得条件は、安全な運転に必要な認知能力と、自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないかを判断するために設けられています。

 上記の条件を満たしていない場合は、取得することができないので注意してください。

大型特殊免許を取得して働ける仕事とは?

 この大型特殊免許を取得することによって、クレーン車やブルドーザーなどの重機が運転できるので、建設業などの仕事の幅が広がるかもしれません。

  • 建設業
  • 電気工事業
  • 重工業

 また、この大型特殊免許で大型特殊自動車の運転は可能ですが、クレーンやショベルなどの特殊な操作を有する場合には、運転技能講習修了者や車両系建設機械運転技能者などの資格も追加で必要になります。

 この運転技能講習修了者や車両系建設機械運転技能者で操作が可能な車両は以下が挙げられます。

  • 運転技能講習修了者
  • クレーン車
  • クローラクレーン
  • 車両系建設機械運転技能者
  • ブルドーザー
  • 油圧ショベル
  • ホイールローダー

大型特殊免許の費用とは?

 さて、大型特殊免許を取得するための費用はどれくらい掛かるのでしょうか?

 大型特殊免許を取得するための費用は、取得する方法によって変わってきます。

 この方法の一つとしては、市区町村で定められている運転免許センターに通って取得することができます。

 費用に関しては、教習所によって変わりますが、約75000円から85000円程度になります。

  • 通いで取得する場合
  • 約75,000~85,000円

 また、大型特殊免許を取得するもう一つの方法は、地方の教習所に合宿に行き取得する方法です。

 この合宿で免許を取得する場合は、通いとは違うので、2週間から3週間程のまとまった休みが必要です。

 合宿で大型特殊免許を取得するための費用は、教習所の場所や取得する時期によっても変わってきますが、ホテル代や食事代など込みの価格で約68000円から100000円程度になります。

  • 合宿で取得する場合
  • 約68,000~100,000円

大型特殊免許を取得する際は、事前に条件や費用のことを確認しておけば、取得の際に困ることがなくなるかもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP