みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

【残債があっても良いの?】ローンが残っているトラックの買取方法とは?

トラック買取
ローンの残債

 現在、使用しているトラックにローンが残っていても、別の車両が必要になったなど、新たなトラックに乗り換えなければならない状況も考えられます。

 その際、ローンの支払いが残っていても、トラックを買取ってくれるのか?など、不安を抱えている方も多くいるのではないでしょうか?

 そこで今回は、ローンの支払いが残っている際の買取についてまとめてみました。

ローンが残っている場合の買取

 トラックを買取に出す際は、多くの場合ローンを完済してから買取に出すかと思います。

 ですが、現在乗車しているトラックが故障してしまったり、維持費が高かったり、仕事の関係で別の車種が必要になったなど、ローンが残っていても次のトラックに乗り換える状況がいくつも考えられます。

 その際、ローンの支払いが残っていても、トラックを買取に出すことは可能なんでしょうか?

 実は、ローンが残っていても買取に出す事は可能で、まずはローンの残債が幾ら残っているか確認しましょう。残債確認後、買取業者にトラックの査定をして貰います。

 この時に、ローンの残債金額よりトラックの買取金額が上回れば、買取金額から残債を差し引いた分を買取金額として受け取れるので、問題なく買取して貰えます。

 では、ローンの残債金額より、買取して貰いたいトラックの買取金額が下回った場合は、どうすれば良いのでしょうか?その場合は、以下の2つの方法で買取に出すことが出来ます。

  • 残債と買取金額の差額を現金で支払う。
  • 例として、ローンの残債が100万円あり、車の買取金額が50万円だった場合は、差額の50万円を現金で支払います。
    このように、差額分の現金を用意する事ができれば、買取は問題なくして貰えます。

  • 購入予定のトラックのローンに上乗せする。
  • 前例と同様、残債と買取金額の差額が50万円あり、次に購入するトラックが150万円の場合は、差額の50万円を150万円に上乗せして、200万円のローンを新たに組むことで買取してもらえます。
    ※ただし、この場合はローン会社によって規定が異なりますので、事前に確認をしておいた方が良いでしょう。

 このように、ローンが残っていてもトラックを買取してもらう事は可能となっています。

 ですが、ローンが増えると最終的に支払う金利も多くなるため、残債が多く残ってしまう方にとっては更に負担が増してしまう事が考えられます。

 そのため、ローンの負担が大きくなる方は極力ローンを返済してからトラックの購入を考えたほうが良いかもしれませんね。

関連記事

PAGE
TOP