みんなの評価によって変動する

安心と信頼のランキングサイト

リーチスタッカーの特徴

リーチスタッカーとは?

リーチスタッカーは、トップリフターと同じく荷物を上から引き上げるように運ぶことができるアタッチメント(車両)ですが、スプレッダーがアームの先に取り付けられており、先端を自由に動かすことができます。

一般的なフォークリフトやトップリフターのような垂直伸縮マストは有しておらず、油圧式クレーン車と同じような起伏および伸縮可能な箱型ブームを装備しており、ブーム先端に取り付けた回転可能なスプレッダー装置でコンテナを吊り上げます。

日本国外では1990年頃から普及し始めて、作業自由度と効率の高さから、大型フォークリフトやトップリフターに取って代わってコンテナ荷役の主役になりつつあります。

日本では2000年以降、複数の輸送機器メーカーが製造しています。

また、日本においては規制上、フォークリフトではなく、クレーンに分類されるため、クレーンの資格が必要でしたが、今では規制が緩和されでフォークローダー運転技能講習を修了した者であれば運転操作することが可能となっています。

リーチスタッカーの買い取りに対応している業者一覧

リーチスタッカーの買取りに積極的な業者

フォークリフト買取り業者の中でも、アタッチメントが「リーチスタッカー」の車両の買い取りを強化しているおすすめの業者です。

\査定の申込みはこちらから/

PAGE
TOP